• 2020年11月21日
  • 2020年11月20日

【我武者羅(がむしゃら)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

我武者羅(がむしゃら) 「我武者羅」というと、都内在住のラーメン好きなら店名を連想するのではないでしょうか? それ以外でも、「がむしゃら」も含めて居酒屋だと思う人が多いと思います。他には、仕事などを真剣にする様を表現する言葉とも思うでしょう […]

  • 2020年11月20日
  • 2020年11月20日

【過当競争(かとうきょうそう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

過当競争(かとうきょうそう) コロナ渦によって、多くの企業は売上減の大ダメージを負っています。それでも、スーパーなどの小売や食品、ネット関連や証券会社などは業績好調なようです。しかし、ホテル業界や飲食業界はもろに影響を受けて、「Go To […]

  • 2020年11月20日
  • 2020年11月20日

【家内安全(かないあんぜん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

家内安全(かないあんぜん) 普段は信心深くなくてもお正月だけは初詣に出掛けたり、受験時期や病気で入院したら途端に祈願をする人も多いですよね。日本は仏教国なので全国津々浦々に寺院が点在し、いつでもお参りやお願いができます。家族の健康である「家 […]

  • 2020年11月19日
  • 2020年11月18日

【勝手気儘(かってきまま)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

勝手気儘(かってきまま) 現代は同調圧力が日に日に強く、少数派は大変息苦しいものです。学校や職場だけでなく、地域社会でも常に相手を気遣うのは、本当に疲れてしまいますよね。でも、そうは言っても、この完成された同調を求めるシステムが弱くなる事は […]

  • 2020年11月19日
  • 2020年11月18日

【活溌溌地(かっぱつはっち)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

活溌溌地(かっぱつはっち) ある程度の言葉はその読み方から、何となく意味合いが想像できたりしますよね。例えば「元気」や「気合」だったら、それこそ口にしただけで前向きな感じがしてエネルギーを貰えた感があるほどです。今回の「活溌溌地」も同様で、 […]

  • 2020年11月18日
  • 2020年11月18日

【瓜田李下(かでんりか)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

瓜田李下(かでんりか) 「瓜田李下」は難解な四字熟語の一つで、正確に理解している人は少ないと思います。しかし、「君子危うきに近寄らず」に近い意味の言葉と説明を受けると、何となく理解できそうですよね。自分の身は自分で守るという、現在何かと問わ […]

  • 2020年11月18日
  • 2020年11月18日

【活殺自在(かっさつじざい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

活殺自在(かっさつじざい) ドラマや映画だけでなく実社会でも、絶大な権力を握ると憎むべき相手を捕まえて、社会的な制裁を加えたり、場合によっては暴力で痛めつける事が出来てしまいます。ドラマなどでよくあるのは、捕らわれた人が命乞いのあまり泣きな […]

  • 2020年11月16日
  • 2020年11月13日

【過小評価(かしょうひょうか)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

過小評価(かしょうひょうか) あなたの友人や同僚にも、本当は実力が高いのに自らを謙遜する様に「過小評価」をする人っていませんか? その反対に実力がないのに、驕り高ぶる様に「過大評価」する人もいますよね。また、上司に「過小評価される」と愚痴を […]

  • 2020年11月15日
  • 2020年11月13日

【海内無双(かいだいむそう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

海内無双(かいだいむそう) 四字熟語に詳しくなくても、「国士無双」や「天下無双」は今更説明不要なぐらいに有名な言葉ですよね。その国に比較する人がいない程に優れているという意味で、凄い活躍をする有名人やスポーツ選手を称えて使われます。また、「 […]

  • 2020年11月15日
  • 2020年11月13日

【蓋世不抜(がいせいふばつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

蓋世不抜(がいせいふばつ) 「蓋世不抜」は難解な四字熟語の中でも、さらに日常ではお目にかかる事は稀なので、知っている人はかなり少ないと思います。しかし、言葉の意味としては実は有り触れたもので、本来ならもっと世に浸透してもおかしくないのですが […]