• 2021年1月24日
  • 2021年1月19日

【苛政猛虎(かせいもうこ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

苛政猛虎(かせいもうこ) 「苛政猛虎」とは「苛酷な政治が続くのは虎に襲われるよりも恐ろしい」という意味です。逆に言うなら、どんなに荒れた地で野生動物が溢れていても、人々に寄り添った仁政が行われている地で暮らす方を人々は望むという事です。それ […]

  • 2021年1月23日
  • 2021年1月19日

【山海珍味(さんかいのちんみ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

山海珍味(さんかいのちんみ) 「山海珍味」とは「山や海で採れた食材で作る珍しい食べ物」です。平たく言うなら「御馳走」であり、例えば親戚宅などを訪れて豪華な料理がテーブル一面に並べられている様を「山海珍味で溢れている」といった風に使います。そ […]

  • 2021年1月22日
  • 2021年1月19日

【大山鳴動(たいざんめいどう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

大山鳴動(たいざんめいどう) 「大山鳴動」とは「騒ぎだけ大きいや大騒ぎの割には結果は小さい事」です。まるで、威勢だけはいいが中身はない人の様で、それぐらい最初の勢いの割には結果が伴わない事です。外見だけを気にする若い男性などに多い感じもしな […]

  • 2021年1月22日
  • 2021年1月19日

【先憂後楽(せんゆうこうらく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

先憂後楽(せんゆうこうらく) 「先憂後楽」とは「為政者たる権力者は人々が楽しんだ後に楽しむべきという心得」です。国を引っ張る者や権力者は民衆を第一にするべきであり、大勢が楽しんだ後に自分も楽しむべきと説いています。要は、自分を犠牲にしたり、 […]

  • 2021年1月21日
  • 2021年1月19日

【震天動地(しんてんどうち)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

震天動地(しんてんどうち) 「震天動地」とは「大事件や大異変など天地を震動させるほどの大騒動の事」です。昭和を振り返っても、田中角栄元首相らが逮捕されたロッキード事件、東京府中の3億円事件などは誰もが納得の大事件で、世の中が大混乱に陥ったの […]

  • 2021年1月21日
  • 2021年1月19日

【人権蹂躙(じんけんじゅうりん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

人権蹂躙(じんけんじゅうりん)) 「人権蹂躙」とは「誰にでも備わる基本的人権を踏みにじる行為」です。従って、弱い立場の人をいじめたり、会社でのパワハラ、女性や障碍者差別などから、国家権力による基本的人権を侵犯する行為など実は多様に渡ります。 […]

  • 2021年1月20日
  • 2021年1月19日

【金甌無欠(きんおうむけつ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

金甌無欠(きんおうむけつ) 「金甌無欠」とは「物事が完全で欠点がない喩え」です。傷がない「黄金の瓶(金甌)」は価値が高いので、そこから完全や欠点なしとするだけでなく、国が強固という使われ方もされます。昔の人は喩え上手だと感心する言葉で、現在 […]

  • 2021年1月20日
  • 2021年1月13日

【誇大妄想(こだいもうそう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

誇大妄想(こだいもうそう) 皆さんは妄想という言葉を聞くとどんなものを思いうかべますか。被害妄想という人もいれば、関係妄想だったり、宗教妄想だったりを思い浮かべる人もいると思います。なぜなら妄想はこれといった定義がなく、非現実的なことが多い […]

  • 2021年1月19日
  • 2021年1月13日

【神出鬼没(しんしゅつきぼつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

神出鬼没(しんしゅつきぼつ) 「神出鬼没」とは「素早く現われたり消えたり、出没が予測不能な人の事」です。まるで、こちらの動きを察しているのではと思うほど、突然現れたと思ったら消えてしまう人っていますよね。また、学生時代の部活動でも、さっきま […]

  • 2021年1月19日
  • 2021年1月13日

【薄志弱行(はくしじゃっこう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

薄志弱行(はくしじゃっこう) 意志が弱い人は、何かを決断するとなったときに、決断を他の人に任せたり、いつまでも答えを出さずにないがしろにしたりすることがあります。逆に意志が強ければ、自分の選択にも迷いがないものです。例えばスーパーで2つのも […]