• 2020年10月22日
  • 2020年10月21日

【断簡零墨(だんかんれいぼく)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

断簡零墨(だんかんれいぼく) 最近はスマホが必需品となっているので、手紙を書く機会は激減しましたよね。何しろ、実際に手紙を書くよりも手軽で便利で無料とくれば、利用しない手はないからです。しかし、情緒や風流といった文化がどんどん失われていくの […]

  • 2020年10月22日
  • 2020年10月21日

【天衣無縫(てんいむほう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

天衣無縫(てんいむほう) 昨今はPCやスマホが当たり前になっているので、文字を書く機会が減少していますよね。仕事でもキーボードのタイピングは一日中するがボールペンを一度も持たずに終わってしまったという日も多いものです。しかし、だからこそ文字 […]

  • 2020年10月21日

【天下布武(てんかふぶ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

天下布武(てんかふぶ) 戦国武将の中でも、織田信長が好きならきっと今回の言葉も理解している事でしょう。残念ながら一般的には馴染みが薄いですが、それでも若き野心で溢れる経営者などは織田信長の人生に肖って「天下布武」をモットーや座右の銘にしてい […]

  • 2020年10月21日
  • 2020年10月21日

【跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)】の意味と例文と使い方

跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ) ある意味で現代を象徴する四字熟語と言って過言ではないのが、「跳梁跋扈」ではないかと個人的には思っています。民主主義の弊害を大昔の古代中国が予言ではないにしろ、言い当てたのは偶然にしろ考えさせるものがあります。 […]

  • 2020年10月21日
  • 2020年10月21日

【同工異曲(どうこういきょく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

同工異曲(どうこういきょく) 似ている二つに対して、昔から「団栗の背比べ」や「五十歩百歩」という言葉で表現してきましたよね。今回の「同工異曲」も同じような使い方が出来る言葉で、双方に大差がない時に用います。「同工異曲」と類似の言葉は発祥や由 […]

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月19日

【荘厳美麗(そうごんびれい)】の意味と例文と使い方

荘厳美麗(そうごんびれい) 美しさを感じさせる四字熟語の中でも、ある意味で群を抜いているのが「荘厳美麗」です。女性などは座右の銘やお気に入りの一つに挙げる人が多いと思いますが、傍から見ても気品さや上品さを感じさせます。また、自然や芸術的な美 […]

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月19日

【千載一遇(せんざいいちぐう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

千載一遇(せんざいいちぐう) 思いがけない出会いを評して「千載一遇」と言いますよね。結婚式の馴れ初めのスピーチ等でよく聞かれる言葉ですが、他にもスポーツや仕事でのチャンス到来、後は投資の世界などでも使われる頻度が高いです。ですから四字熟語の […]

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月19日

【星火燎原(せいかりょうげん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

星火燎原(せいかりょうげん) 一瞬、宇宙や星空などを連想させる「星火燎原」ですが、この言葉もあまり使われないですよね。ですから多分、多くの方が意味を正しく分かっていないと思います。かく言う私も発想力の乏しさから、当然間違えて覚えていた程です […]

  • 2020年10月19日
  • 2020年10月19日

【是非善悪(ぜひぜんあく)】の意味と例文と使い方

是非善悪(ぜひぜんあく) “悪”が付く四字熟語というと、「悪戦苦闘」や「悪逆非道」に「勧善懲悪」あたりを思い浮かべるでしょうが、今回は「是非善悪」についての解説となります。一見するだけで、何となく”是非”も”善悪”も […]

  • 2020年10月19日
  • 2020年10月19日

【水天一碧(すいてんいっぺき)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

水天一碧(すいてんいっぺき) 晴れ渡った青い海とどこまでも続く地平線。そんな景色を連想させる四字熟語が「水天一碧」です。ここまでスッキリ爽快に感じさせてくれる四字熟語も珍しいと思いますが、個人的にはスピーチや座右の銘などでもっと取り上げたり […]