• 2020年8月5日
  • 2020年8月4日

【浅学非才(せんがくひさい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

浅学非才(せんがくひさい) 四字熟語は全体的にポジティブな意味合いが多いですが、その中にはネガティブなものも当然含まれ、「浅学非才」は誰しも他人から言われたくない言葉となっています。本来は、能力高い者が謙遜して使うようですが、必ずしもそうな […]

  • 2020年8月5日
  • 2020年8月4日

【渾然一体(こんぜんいったい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

渾然一体(こんぜんいったい) 私たちはそれぞれ異なった特性を持つ生き物で、一人として全く同じ人間などは存在しません。近年では「多様性」を尊重しようという動きが大きくなってきていおり、少数派=弱者というイメージも徐々に無くなってきてはいます。 […]

  • 2020年8月4日

【二束三文(にそくさんもん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

二束三文(にそくさんもん) 今更説明不要な有名すぎる四字熟語が「二束三文」です。最近ではコロナ渦による、マスク価格高騰からの転売規制などで暴落の際に、ニュースやネットなどで「二束三文」という言葉が何度も登場しました。値段が安い、安く買い叩か […]

  • 2020年8月4日
  • 2020年8月4日

【懇切丁寧(こんせつていねい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

懇切丁寧(こんせつていねい) よく日本人が自分たち日本人の接客を、「外国と比べると日本人の接客は懇切丁寧だ」なんて言うことがありますが、「懇切丁寧」とはどういう意味なのでしょうか。なんとなくのイメージとして「とても丁寧」というのがあるので、 […]

  • 2020年8月4日

【喜怒哀楽(きどあいらく)】の意味と例文と使い方

喜怒哀楽(きどあいらく) 「喜怒哀楽」はあまりにも有名な四字熟語ですよね。その認知度や影響力は計り知れず、四字熟語という枠を超えて今では飲食店名・楽曲や映画タイトルなどで使用されています。特に書籍におけるサブタイトルや帯など宣伝文句には常套 […]

  • 2020年8月3日

【一目瞭然(いちもくりょうぜん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一目瞭然(いちもくりょうぜん) 「一目瞭然」は注意や叱る際、口癖にしている人が周囲にいませんか? 何を隠そう私も思わず愛用している一人です。明快な意味や発音しやすい音も関係しているのか、とにかく口にしやすい四字熟語で無意識でも思わず使ってし […]

  • 2020年8月3日

【蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

蛙鳴蝉噪(あめいせんそう) 「蛙鳴蝉噪」は一見すると、蛙や蝉の鳴き声や煩い様子と推測できますが、果たして実際にはどの様な意味が込められているのでしょうか? 難解そうな感じもしますが、一方で文字通りなら実は容易なのではとも思えますよね。四字熟 […]

  • 2020年8月3日

【唯唯諾諾(いいだくだく)】の意味と例文と使い方

唯唯諾諾(いいだくだく) 親や教師などの小言がうるさい時、「ハイハイ」と面倒そうに答えたら、「ハイは一回!」と余計に逆鱗に触れた事はありませんか? このやり取りは日本ならではで、近代など比較的新しいものだと思っていました。ですが「唯唯諾諾」 […]

  • 2020年8月2日
  • 2020年8月3日

【一六銀行(いちろくぎんこう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一六銀行(いちろくぎんこう) 「一六銀行」と聞いて、東海地方在住ならすっかりお馴染の十六銀行、或いは他の店舗型銀行かネットバンクを連想すると思います。しかし、残念ながらそれらはハズレで、実は質屋の俗称となのです。なぜ、銀行なのに質屋と疑問に […]