• 2021年5月17日
  • 2021年5月10日

【僭賞濫刑(せんしょうらんけい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

僭賞濫刑(せんしょうらんけい) 「僭賞濫刑」とは「不適切な褒美と処罰、限度を超えた賞罰」といった意味です。本来は褒美も処罰も適正に行われるものですが、何かを隠す意図や単なる権力側の気まぐれなのか、過剰に賞罰が多いのが「僭賞濫刑」です。日本で […]

  • 2021年5月16日
  • 2021年5月6日

【君子万年(くんしばんねん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

君子万年(くんしばんねん) 身近に90歳や100歳などといった長寿の人がいるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。「君子万年」とは、そのような長寿を祈る語であり、長生きしたいなんて人には座右の銘としても使われる言葉です。そんな「君子万 […]

  • 2021年5月16日
  • 2021年5月6日

【紫電一閃(しでんいっせん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

紫電一閃(しでんいっせん) 「紫電一閃」とは「鋭い刀を振った際の光や稲妻から、一瞬や急激な変化の事」です。正直なところ、分かりそうでよく分からない言葉ですよね。個人的には、切れ味抜群な刀を振ると陽光や炎などに反応して一瞬だけ光る様が、当時は […]

  • 2021年5月15日
  • 2021年5月6日

【千言万語(せんげんばんご)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

千言万語(せんげんばんご) 「千言万語」とは「沢山の言葉、沢山の言葉を話す事」です。言葉は文字や会話という意味なので、莫大な文字や延々と会話をしているような人を指すのが「千言万語」となります。皆さんの周りにも、一日中喋っているのではと思うほ […]

  • 2021年5月14日
  • 2021年5月14日

【千古不易(せんこふえき)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

千古不易(せんこふえき) 「千古不易」とは「永遠、永久などどれだけ時間が経過しても不変という事」です。ですから、結婚式で「永遠の愛」を誓い合った二人は、「千古不易の愛」とも言い換えられます。しかし、言葉の響きや語呂が悪いのかあまり使われては […]

  • 2021年5月14日
  • 2021年5月6日

【戦戦慄慄(せんせんりつりつ)】の意味と例文と使い方

戦戦慄慄(せんせんりつりつ) 「戦戦慄慄」とは「大変恐れる、恐怖でびくびくしている事」です。要するに、とんでもなく怖がっていたり、怖くて腰を抜かしているような状態です。人によっては、遊園地のお化け屋敷でも本当に怖がるので、そんな怖い思いを表 […]

  • 2021年5月13日
  • 2021年5月6日

【浅見短慮(せんけんたんりょ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

浅見短慮(せんけんたんりょ) 「浅見短慮」とは「考えや見識が狭い事」です。大人になるとどうしても毎日が同じ事の繰り返しであり、新しい事は受け入れないようになるので、次第に柔軟な考えは出来ず、それどころか拒否して保守的な考えに固執するようにな […]

  • 2021年5月13日
  • 2021年5月6日

【洗垢索瘢(せんこうさくはん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

洗垢索瘢(せんこうさくはん) 「洗垢索瘢」とは「他人の欠点や過失を真剣に探し出す事」です。所謂粗探しであり、よほど弱点を握って相手を責め立てたいのか真剣な様が窺えます。現在で言うならクレーマーなどに近く、弱点から徹底的に相手を叩き難癖を付け […]