• 2020年7月14日
  • 2020年7月13日

【一進一退(いっしんいったい)】の意味と例文と使い方

一進一退(いっしんいったい) スポーツや囲碁将棋などが多い印象ですが、他にも病状や選挙戦から経済に株価など、多様な場面で使用されているのが「一進一退」です。もしかしたら、最も日常に浸透している四字熟語の一つかも知れません。これだけ当たり前に […]

  • 2020年7月14日
  • 2020年7月13日

【一触即発(いっしょくそくはつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一触即発(いっしょくそくはつ) 「一触即発」は、血の気の多い男性が好みそうな言葉ですよね。プロレスやボクシングなど格闘技ではお馴染の四字熟語であり、また敵対する国々や政治家同士を形容する際にも使用されます。因みに、大阪ではこれをもじって、「 […]

  • 2020年7月14日
  • 2020年7月13日

【一件落着(いっけんらくちゃく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一件落着(いっけんらくちゃく) 「一触即発」が危険な状態なら、それが解決したのが「一件落着」です。ほっと一安心であり、当面は大丈夫という安堵感が全体を覆います。本来は起こってほしくない危機や問題も、「一件落着」の存在価値が上げるなら、不思議 […]

  • 2020年7月13日
  • 2020年7月13日

【一喜一憂(いっきいちゆう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一喜一憂(いっきいちゆう) 「一喜一憂」は、個人的にはお気に入りの四字熟語です。良い事や悪い事にいちいち喜んだり嘆いたりしないで、常に平常心で謙虚を保つといった際に「一喜一憂しない」と胸に刻んでいます。これは、投資本などメンタルを大事にする […]

  • 2020年7月13日
  • 2020年7月13日

【一騎当千(いっきとうせん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一騎当千(いっきとうせん) 「一騎当千」は四字熟語ですが、一部の方々にとっては大人気の美少女アニメでありパチンコ台、さらにフィギュアとして注目を集めました。今回はもちろん中国を発祥とする四字熟語「一騎当千」の解説ですが、アニメファンにも納得 […]

  • 2020年7月13日
  • 2020年7月13日

【一挙両得(いっきょりょうとく)】の意味と例文と使い方

一挙両得(いっきょりょうとく) 何か一つをしたら、二つの良い事が起こったが「一挙両得」ですよね。実際には、二つとも大きなお得となるのは稀ですが、些細なお得を含めるなら、この世界は「一挙両得」で溢れている気がしないでもないです。まあ、気の持ち […]

  • 2020年7月12日
  • 2020年7月13日

【異路同帰(いろどうき)】の意味と例文と使い方

異路同帰(いろどうき) 「異路同帰」はその意味から、若い人が好みそうな気がします。「プロセスよりも結果が大事」として、実に現代らしい割り切りの良さを感じるからです。そんな言葉が遙か昔の中国で誕生し、今でも成立するのは感慨深いと感じませんか? […]

  • 2020年7月12日
  • 2020年7月13日

【威風凛凛(いふうりんりん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

威風凛凛(いふうりんりん) 臆病で小心者だと堂々としている人に憧れを抱きがちですよね。そんな貫禄たっぷりを意味する四字熟語が「威風凛凛」です。堂々としていると自信があり頼りにされますが、反対にびくびくしていると弱々しく相手にもされません。そ […]

  • 2020年7月12日
  • 2020年7月13日

【威風堂堂(いふうどうどう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

威風堂堂(いふうどうどう) 「威風堂堂」と聞いても、人によって受け止め方は実に様々です。ある人は威厳や貫禄があると思うでしょうが、アルバムタイトルや行進曲を想像する人もいます。今回は四字熟語としての昔ながらの「威風堂堂」なので、前者について […]

  • 2020年7月11日
  • 2020年7月8日

【禹行舜趨(うこうしゅんすう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

禹行舜趨(うこうしゅんすう) 徳のある人や、能力のある人を参考にすることは素晴らしいことですが、いつまでも真似事をしているだけではそこに価値は付きませんよね。それどころか、能力のある人の表面的な部分だけを真似して、あたかも自分が偉くなったか […]