• 2021年4月19日
  • 2021年4月12日

【温故知新(おんこちしん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

温故知新(おんこちしん) 「温故知新」とは「過去の知識や研究など、昔の事を改めて調べて再発見する事」です。歴史や伝統を蔑ろにするのではなく、昔を知る事で新たな驚きとなって現在でも通用する事ってあると思います。要は、古いと否定するのではなくど […]

  • 2021年4月19日
  • 2021年4月14日

【沈思黙考(ちんしもっこう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

沈思黙考(ちんしもっこう) 「沈思黙考」とは黙って物事をじっくりと考えることです。よく“1人になって考えさせて欲しい”などという場面があると思いますが、このような1人で黙って考えることのことを指します。それでは、「沈思黙考」について解説して […]

  • 2021年4月18日
  • 2021年4月12日

【依怙贔屓(えこひいき)】の意味と例文と使い方

依怙贔屓(えこひいき) 「依怙贔屓」とは「身内などの関係者や気に行った相手だけ肩入れをして、不公平に扱う事」です。人間は皆平等であると平等主義を訴えてきましたが、実際は平等となる瞬間って少ないですよね。特に社会に出ると権力者だけが住みやすい […]

  • 2021年4月18日
  • 2021年4月12日

【一石二鳥(いっせきにちょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一石二鳥(いっせきにちょう) 「一石二鳥」とは「一つの行為で二つの目的を果たしたり、二つの利益を上げる事」です。計算尽くで狙ったのか、それとも単なる偶然なのかはさておき、結果的にとてもお得になるのが「一石二鳥」です。一度で二つの利益があれば […]

  • 2021年4月17日
  • 2021年4月12日

【孤軍奮闘(こぐんふんとう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

孤軍奮闘(こぐんふんとう) 「孤軍奮闘」とは「一人や少数が仲間などの助けがなくても必死に頑張る事」です。その必死な姿を大勢の感動を呼んだりして、特にスポーツなどでは負けたチームでも頑張った選手を「孤軍奮闘」と表現したりします。どんな物事でも […]

  • 2021年4月17日
  • 2021年4月12日

【和魂洋才(わこんようさい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

和魂洋才(わこんようさい) 「和魂洋才」とは「日本の大和魂と西洋学問の活用や融合」です。日本人としての精神面を大事にしながらも、現実として当時最も進んでいた西洋の高いレベルの学問は積極的に導入すべきという考えがこの四字熟語には表れています。 […]

  • 2021年4月16日
  • 2021年4月12日

【臥薪嘗胆(がしんしょうたん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

臥薪嘗胆(がしんしょうたん) 「臥薪嘗胆」とは「復讐や成功をするには、相応の長い努力や苦労が必要という事」です。元々は復讐を果たす為のある種怨念めいた言葉でしたが、現在は目的達成の為に用いられる事が多くなっています。努力や苦労を肯定する座右 […]

  • 2021年4月15日
  • 2021年4月12日

【一刻千金(いっこくせんきん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一刻千金(いっこくせんきん) 「一刻千金」とは「僅かな時間でも千金という大金に値する事から、時間の有難味を説く言葉」です。大人になると昔の懐かしい思い出が過っては、あの時はもっとこうすれば良かったと後悔したり、時間がどれほど大切だったのかと […]