• 2021年3月4日

【詩歌管弦(しいかかんげん)】の意味と例文と使い方

詩歌管弦(しいかかんげん) 「詩歌管弦」とは「漢詩や和歌を詠んだり楽器演奏を楽しむ事」です。古代中国や日本では、人々を繋ぎ合わせたり余興で楽しむ術として、漢詩や音楽は重要な役目を担っていたようです。現在でも文学や音楽は日常生活に欠かせられな […]

  • 2021年3月4日

【隔靴掻痒(かっかそうよう)】の意味と例文と使い方

隔靴掻痒(かっかそうよう) 皆さんは自分の思い通りに物事が進まずに歯痒く思ったことはありますか。自分の力ではどうにもできない問題に直面すると挫折したり、悔しく思ったり、じれったいと感じたりすることがあると思います。実現できそうでも叶わないこ […]

  • 2021年3月4日

【気韻生動(きいんせいどう)】の意味と例文と使い方

気韻生動(きいんせいどう) 昔は、自然の風景や動物のことを美術的な作品に描き表すことがよくあったと言われています。まるで本物の生き物に見えるように描かれた作品や今にも動き出しそうな動物が描かれた絵などは迫力があると評価されていたと言われてい […]

  • 2021年3月4日

【下学上達(かがくじょうたつ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

下学上達(かがくじょうたつ) 皆さんは何かを学習し始めるときにどのように取り掛かりますか。計画的に進めるために最初にスケジュールを立てるという人もいれば、すぐにできることから手をつけていくという人もいて、人それぞれだと思います。ですが基本的 […]

  • 2021年3月4日

【四十不惑(しじゅうふわく)】の意味と例文と使い方

四十不惑(しじゅうふわく) 「四十不惑」とは「年齢の四十歳であり、四十歳になると自信が出て迷わない」という意味です。これは古代中国の偉人・孔子が己の人生を振り返り出た言葉ですが、現代でも四十歳頃が心身共に最も充実している事が多いので共感でき […]