• 2021年5月12日
  • 2021年5月6日

【旋乾転坤(せんけんてんこん)】の意味と例文と使い方

旋乾転坤(せんけんてんこん) 「旋乾転坤」とは「国の政局や情勢が一変する事」です。アメリカなら大統領、日本なら総理大臣が変わるというのは大変な事で、これまでの政治体制はもちろんながら経済方針なども真逆になる事は多々あります。ですからそれは国 […]

  • 2021年5月12日
  • 2021年5月6日

【鮮血淋漓(せんけつりんり)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

鮮血淋漓(せんけつりんり) 「鮮血淋漓」とは「怪我などで血がしたたり落ちる事」です。どこか痛々しくて生々しく感じる言葉ですが、かつての中国や日本では血が流れる事態は戦など頻繁にあったのではと想像出来ます。医療体制も現在のように整備されておら […]

  • 2021年5月11日
  • 2021年5月5日

【羊頭狗肉(ようとうくにく)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

羊頭狗肉(ようとうくにく) 「羊頭狗肉」とは「見掛けと中身が違う、或いは粗悪品を売る喩え」です。羊の頭の看板が出ているのでお店に入って肉を購入したら、実は犬の肉だったというオチから、見掛けと中身の矛盾や違いを説いた代名詞のような言葉として広 […]

  • 2021年5月11日
  • 2021年5月5日

【養生喪死(ようせいそうし)】の意味と例文と使い方

養生喪死(ようせいそうし) 「養生喪死」とは「生きている者を養い、亡くなった者には葬儀をして弔う事」です。一見すると当たり前の事ですが、それは常識が根付いた現代だからそう思えるのです。かつての古代中国では、思想として大勢に教える必要があった […]

  • 2021年5月10日
  • 2021年4月30日

【前途遼遠(ぜんとりょうえん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

前途遼遠(ぜんとりょうえん) 「前途遼遠」と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?「前途遼遠」とは、目標までの道のりが遠く、多くの困難や苦労が待ちわびていることです。今回は、そんな「前途遼遠」について解説します。 前途遼遠の意味 「前途遼遠 […]

  • 2021年5月10日
  • 2021年4月30日

【失礼千万(しつれいせんばん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

失礼千万(しつれいせんばん) 「失礼千万」とは、その文字の通り、この上なく失礼な言動や態度を示しています。失礼とは、言うまでもなく礼儀がなっていない、欠けているといったことです。それでは、「失礼千万」について解説していきます。 失礼千万の意 […]

  • 2021年5月9日
  • 2021年4月30日

【知勇兼備(ちゆうけんび)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

知勇兼備(ちゆうけんび) 「知勇兼備」とは「知恵と勇気を併せ持つ事」です。知恵と勇気は大きな決断をする際に求められるので、国の上に立ち民衆を引っ張る指導者には必要な要素ですよね。古代中国でもそのような優秀な人物に求められていた要素であり、そ […]

  • 2021年5月8日
  • 2021年4月30日

【専売特許(せんばいとっきょ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

専売特許(せんばいとっきょ) 「専売特許」とは「かつての特許の呼び名で、現在はその人が得意とする技術や方法の事」です。上司とカラオケに行くと、得意とする曲を歌う前に「この曲は俺の十八番」というニュアンスで「これは俺の専売特許なんだよ」と言う […]

  • 2021年5月8日
  • 2021年4月30日

【赤手空拳(せきしゅくうけん)】の意味と例文と使い方

赤手空拳(せきしゅくうけん) 「赤手空拳」とは「武器を持たずに立ち向かう事から、助けがなくても自力で物事にあたる」という意味です。一人で大勢の敵を相手にするような場面を想像してしまう言葉ですが、それぐらいに正々堂々として己だけで勝負に挑む気 […]