CATEGORY

四字熟語

  • 2022年9月21日
  • 2022年8月19日

【刎頸之交(ふんけいのまじわり)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

刎頸之交(ふんけいのまじわり) 「刎頸之交」とは「絶対的な友情で結びつく関係」です。お互いに相手の為なら首を投げ出す覚悟があり、だから切られても納得ができるという強い友情関係が結ばれています。現代ではいくら親友同士でも相手の為に命を投げ出せ […]

  • 2022年9月18日
  • 2022年8月19日

【流汗淋漓(りゅうかんりんり)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

流汗淋漓(りゅうかんりんり) 「流汗淋漓」とは「汗が体内から溢れ出る様子を表す四字熟語」です。夏場だけでなく美味しい物を食べたり風邪を引いた時も汗が出てくるので、そんな様子を表現する際に「流汗淋漓」を使います。すると一年を通して意外と使い道 […]

  • 2022年9月16日
  • 2022年8月19日

【百家争鳴(ひゃっかそうめい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

百家争鳴(ひゃっかそうめい) 「百家争鳴」とは「学者や専門家などが自由に議論を戦わせる事」です。中国は一党支配として長年歩んでいるので、どんなに欧米各国が正論を説いても考えを変える事はありません。ですからロシアや北朝鮮と限りなく似ているので […]

  • 2022年9月14日
  • 2022年8月19日

【杯盤狼藉(はいばんろうぜき)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

杯盤狼藉(はいばんろうぜき) 「杯盤狼藉」とは「寝床となる草を荒らす狼の習性から、宴会後の物が散乱する汚れた状態の喩え」です。お酒が入り酔っぱらうと、汚れていようが散らかっていようが気にせずにその場で寝てしまいますよね。そんな姿をまるで野生 […]

  • 2022年9月12日
  • 2022年8月19日

【土階三等(どかいさんとう)】の意味と例文と使い方

土階三等(どかいさんとう) 「土階三等」とは「質素な建物や暮らしぶりの喩え」です。現代は質素な生活を好む人が増えているようで、例えば車離れやミニマリストな生活が支持されているのも少なからず影響があるでしょう。それでは「土階三等」の解説となり […]

  • 2022年8月30日
  • 2022年8月18日

【呉下阿蒙(ごかのあもう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

呉下阿蒙(ごかのあもう) 「呉下阿蒙」とは「無学な人や進歩がない退屈な人の喩え」です。本来は無学だろうと相手を蔑むのは良くありませんが、それでも思わず用いる際に使うのが今回の「呉下阿蒙」となっています。久しぶりに再会した旧友に進歩がないとガ […]

  • 2022年8月28日
  • 2022年8月18日

【鶏群一鶴(けいぐんのいっかく)】の意味と例文と使い方

鶏群一鶴(けいぐんのいっかく) 「鶏群一鶴」とは「凡人の集まりの中に優秀な者が交じっている喩え」です。昔も今も才能ある者は圧倒的に少なく、だからこそ貴重で目立ってしまうのでしょう。そんな優秀な者を”鶴”に喩えたのが「鶏群一鶴」で、凡人は”鶏 […]

  • 2022年8月24日
  • 2022年8月18日

【一日之長(いちじつのちょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一日之長(いちじつのちょう) 「一日之長」とは「1日早く生まれた事から、年齢が僅かに年上や仕事などの知識や経験が少しばかり上回っている喩え」です。僅か1日の違いとするか、その1日の違いが大きいとするかはそれぞれの判断によりますが、大抵は先輩 […]

  • 2022年8月23日
  • 2022年8月18日

【江雲渭樹(こううんいじゅ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

江雲渭樹(こううんいじゅ) 「江雲渭樹」または「渭樹江雲」とは、「親しい友情や遠くの友人への懐かしみ」を表す四字熟語です。皆さんも学校を卒業したり、引っ越しを機に離れ離れになった友人などはいないでしょうか。またその友人をふとした瞬間に懐かし […]

  • 2022年8月22日
  • 2022年8月18日

【夜雨対床(やうたいしょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

夜雨対床(やうたいしょう) 「夜雨対床」とは、「兄弟や親友との親しさを表現」を表す四字熟語です。人生における大切な存在である親友との親しさを表す言葉です。文字だけではなかなか想像できない意味ですが、この文を詠んだ人物の当時の心境を知ることに […]