CATEGORY

四字熟語

  • 2022年6月28日
  • 2022年6月21日

【安居楽業(あんきょらくぎょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

安居楽業(あんきょらくぎょう) 「安居楽業」とは「良い政治が行われれば人々は生活や仕事に不満を抱かず満足をする事」です。国が不安定で戦争などの問題が山積みなら庶民の多くは不満を募らせるますが、反対に政治が安定すれば国民も安心して暮らせるので […]

  • 2022年6月28日
  • 2022年6月21日

【安分守己(あんぶんしゅき)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

安分守己(あんぶんしゅき) 「安分守己」とは「自分自身を弁えて分相応に生きる事」です。若い時は野心や向上心から成功を願うものですが、段々とそれは高望みだったと気が付きます。それなら最初から下手な希望を持たない方が良かったのかも知れません。も […]

  • 2022年6月27日
  • 2022年6月21日

【安養浄土(あんにょうじょうど)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

安養浄土(あんにょうじょうど) 「安養浄土」とは「極楽浄土となる死後の世界や現世の理想的な環境」です。仏教用語なので様々な解釈が可能ですが、悩みや苦しみがない素晴らしい世界や場所が「安養浄土」で、天国は阿弥陀仏が居るので当然ですが、現世でも […]

  • 2022年6月27日
  • 2022年6月21日

【悪木盗泉(あくぼくとうせん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

悪木盗泉(あくぼくとうせん) 「悪木盗泉」とは「生活苦でも犯罪をしてはいけないという戒めの言葉」です。普通なら苦しくなれば心が弱くなり、少しばかりの盗みは仕方がないと言い訳をしそうになります。特に古代中国などの時代なら現代とは倫理観もかけ離 […]

  • 2022年6月26日
  • 2022年6月21日

【悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

悪酔強酒(あくすいきょうしゅ) 「悪酔強酒」とは「酒は体や健康に良くないと分かっていても飲んでしまう事から、望みと実行が相反する喩え」です。酒という飲み物は独特の魅力があるので、いつの時代も身を滅ぼす人が多かったようです。それでも止められな […]

  • 2022年6月25日
  • 2022年6月21日

【悪口雑言(あっこうぞうごん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

悪口雑言(あっこうぞうごん) 「悪口雑言」とは「相手に酷い悪口を言う事であり悪口そのもの」です。一言二言の悪口ではなく、まるで機関銃のように悪口を浴びせるといった感があり、相手が黙るとチャンス到来とばかりにさらに捲し立てるといったところでし […]

  • 2022年6月24日
  • 2022年6月21日

【哀糸豪竹(あいしごうちく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

哀糸豪竹(あいしごうちく) 「哀糸豪竹」とは「哀しくも美しい琴と力強い笛の音色から、管弦が持つ音楽は人々を感動させる事」です。笛が力強いというのは現代の感覚だと意外ですが、当時は竹笛であり音色を安定させるにはしっかり息を吹いたり口の角度も気 […]

  • 2022年6月24日
  • 2022年6月21日

【哀毀骨立(あいきこつりつ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

哀毀骨立(あいきこつりつ) 「哀毀骨立」とは「哀しみによって体調が悪くなり、食事が喉を通らずに骨と皮ばかりに痩せ細る事」です。久しぶりに再会した知人があまりにも痩せた姿だと、思わず体の心配をしてしまいますよね。昔の中国は現在のようなダイエッ […]

  • 2022年6月23日
  • 2022年6月21日

【暗送秋波(あんそうしゅうは)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

暗送秋波(あんそうしゅうは) 「暗送秋波」とは「美人の色目や色目を送る行為、そして陰での悪巧み」となります。ですから通常は女性に使う方が多いですが、悪巧みをする男性に対しても用いる表現です。また、女性に対しても美人と褒めつつもそれは色目であ […]

  • 2022年6月23日
  • 2022年6月21日

【鴉巣生鳳(あそうせいほう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

鴉巣生鳳(あそうせいほう) 「鴉巣生鳳」とは「烏の巣から伝説上の鳳凰が生まれた事から、愚かや貧しい両親から優れた子供が誕生した喩え」です。それぐらい滅多にない奇跡であり、だからこそ伝説の鳳凰を挙げて喩えているのでしょう。それでは詳しい解説に […]