CATEGORY

四字熟語

  • 2021年4月14日
  • 2021年4月9日

【暖衣飽食(だんいほうしょく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

暖衣飽食(だんいほうしょく) 暖衣飽食は温かい衣服を身に着けたり、十分な食事を取る余裕があることを意味します。人間にとって幸せなとは何でしょうか。その答えは人それぞれではあると思いますが、最低限食べ物や着るものに困らないというのは条件として […]

  • 2021年4月11日
  • 2021年4月8日

【千差万別 (せんさばんべつ)】の意味と例文と使い方

千差万別 (せんさばんべつ) 世の中には、言葉、植物、生き物など、様々な色や形、種類の異なるモノやコトがあります。そのような数多く種類あるもののことを「千差万別(せんさばんべつ)」といいます。「千差万別」は“せんさまんべつ”と呼ばれることも […]

  • 2021年3月22日
  • 2021年3月19日

【理非曲直(りひきょくちょく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

理非曲直(りひきょくちょく) 「理非曲直」とは「道理に合っていて正しいか否か。道理に適っているか外れているか」という事です。世の中には正しい事でも悪いとされたり、逆に悪い事でも御咎めなしや不正ではないと扱われる事が多々あります。あまりにも理 […]

  • 2021年3月17日
  • 2021年3月16日

【弊衣破帽(へいいはぼう)】の意味と例文と使い方

弊衣破帽(へいいはぼう) 時代によってファッションというものは変化してきたと思います。そのため、昔の人たちが身につけている服は今日の服とは少し異なるということが多いです。それは、時代や環境による価値観の違いから好まれる服装が違かったことが要 […]

  • 2021年3月9日
  • 2021年3月8日

【二六時中(にろくじちゅう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

二六時中(にろくじちゅう) 皆さんは終日同じ作業や物事に取り組んでいた経験はありますか。集中していたり、成し遂げなければならない理由かあったりすれば終日同じことしているということもあると思います。そんな終日ですが、他の表現で表されることもあ […]

  • 2021年3月4日

【既成事実(きせいじじつ)】の意味と例文と使い方

既成事実(きせいじじつ) 今日、私達が存在を認識しているものや現実で起きていることなど証拠があり、確かに事実として確認できるものは多く存在します。それを私達は既成事実と言います。逆に幽霊や死後の世界など存在については多くの意見や考えはあるも […]

  • 2021年3月4日

【閑話休題(かんわきゅうだい)】の意味と例文と使い方

閑話休題(かんわきゅうだい) 何かを多くの人に対して話すときに前置きというものを話すことがあると思います。それは本題に入るための起承転結の起に当たることもあれば、人が遅刻してくることを予め想定した話しであることもあります。そんな前置きから話 […]

  • 2021年3月4日

【金科玉条(きんかぎょくじょう)】の意味と例文と使い方

金科玉条(きんかぎょくじょう) 「金科玉条」はかなり有名な四字熟語の一つに含まれると思いますが、案外正しい意味は理解していなくありませんか? 言葉は知っているが、意味は分からないや間違っている。そんな四字熟語は結構多いものです。「金科玉条」 […]