TAG

さ行

  • 2022年9月24日
  • 2022年9月7日

【歯亡舌存(しぼうぜっそん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

歯亡舌存(しぼうぜっそん) 「歯亡舌存」とは「硬い歯は実は折れやすく柔らかい舌は存続し続ける事から、強いものは滅びやすく柔軟なものは生き残る喩え」です。これはスポーツ選手を見ても単純に筋骨隆々というよりは、柔軟さや俊敏性が求められたりします […]

  • 2022年9月23日
  • 2022年9月7日

【山容水態(さんようすいたい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

山容水態(さんようすいたい) 「山容水態」とは「山や川の素晴らしさや美しい景色を賛美する言葉」です。正確には「山水の素晴らしい景色」についてとなりますが、自然美に対して貶すのは当時は考えられないので必然的に称賛や賛美と捉えるのが極自然ではな […]

  • 2022年9月10日
  • 2022年8月19日

【喪家之狗(そうかのいぬ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

喪家之狗(そうかのいぬ) 「喪家之狗」とは「喪中という事から、食事や餌が無くて痩せて元気がない人や飼犬の喩え」です。葬式があると悲しみのあまり食事が喉を通らなくなり、だから思いっきり痩せてしまう人もいますよね。すると愛犬への餌やりも忘れがち […]

  • 2022年9月8日
  • 2022年8月19日

【青眼白眼(せいがんはくがん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

青眼白眼(せいがんはくがん) 「青眼白眼」とは「好む相手と嫌いな相手によって、目つきや態度が変わってしまう喩え」です。昔から嫌いな人を相手にすると、顔や表情は繕っても目つきや態度には本心が表れると言われていますよね。愛想良く笑顔をしても、ち […]

  • 2022年9月7日
  • 2022年8月19日

【清風明月(せいふうめいげつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

清風明月(せいふうめいげつ) 「清風明月」とは「気持ち良い風と明るい月から、秋の夜は趣がある事と風雅な遊びの喩え」です。秋は一年で最も過ごしやすい季節とされ、だから読書の秋や食欲の秋と形容されてきました。そんな特別な季節である秋は趣があると […]

  • 2022年9月6日
  • 2022年8月19日

【七歩之才(しちほのさい)】の意味と例文と使い方

七歩之才(しちほのさい) 「七歩之才」とは「文才に恵まれていたり、素早く詩文を作る才能がある事」です。たった7歩を歩く間に詩文を完成させるというのですから、どれほど人並み外れた才能を持ち合わせていたのでしょう。それでは「七歩之才」の解説とな […]

  • 2022年9月5日
  • 2022年8月19日

【自暴自棄(じぼうじき)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

自暴自棄(じぼうじき) 「自暴自棄」とは「思い通りにならない不満から投げやりな行動を取る事」です。子供のようにちょっとした事で拗ねてしまったり、注意されたら過剰にヒステリーになったり、自虐的になったりと「自暴自棄」も中々幅広い解釈が可能にな […]

  • 2022年9月4日
  • 2022年8月19日

【四分五裂(しぶんごれつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

四分五裂(しぶんごれつ) 「四分五裂」とは「人間関係が乱れてばらばらになる喩え」です。どんなに有名な大企業でもその中身はドロドロな人間関係から社長派と副社長派などが対立をするのは日常茶飯事で、だから先見の明を持つ者は「四分五裂」を見据えて行 […]

  • 2022年9月3日
  • 2022年8月19日

【三顧之礼(さんこのれい)】の意味と例文と使い方

三顧之礼(さんこのれい) 「三顧之礼」とは「優秀な人物を招こうと3回も訪問し頭を下げた事から、手厚い迎え入れや優遇する事」です。時代が変わっても、優秀な人物を放っておくと誰かに取られてしまうので、自分の下に置いておくのに限りますよね。それが […]