TAG

さ行

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月19日

【荘厳美麗(そうごんびれい)】の意味と例文と使い方

荘厳美麗(そうごんびれい) 美しさを感じさせる四字熟語の中でも、ある意味で群を抜いているのが「荘厳美麗」です。女性などは座右の銘やお気に入りの一つに挙げる人が多いと思いますが、傍から見ても気品さや上品さを感じさせます。また、自然や芸術的な美 […]

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月19日

【千載一遇(せんざいいちぐう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

千載一遇(せんざいいちぐう) 思いがけない出会いを評して「千載一遇」と言いますよね。結婚式の馴れ初めのスピーチ等でよく聞かれる言葉ですが、他にもスポーツや仕事でのチャンス到来、後は投資の世界などでも使われる頻度が高いです。ですから四字熟語の […]

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月19日

【星火燎原(せいかりょうげん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

星火燎原(せいかりょうげん) 一瞬、宇宙や星空などを連想させる「星火燎原」ですが、この言葉もあまり使われないですよね。ですから多分、多くの方が意味を正しく分かっていないと思います。かく言う私も発想力の乏しさから、当然間違えて覚えていた程です […]

  • 2020年10月19日
  • 2020年10月19日

【是非善悪(ぜひぜんあく)】の意味と例文と使い方

是非善悪(ぜひぜんあく) “悪”が付く四字熟語というと、「悪戦苦闘」や「悪逆非道」に「勧善懲悪」あたりを思い浮かべるでしょうが、今回は「是非善悪」についての解説となります。一見するだけで、何となく”是非”も”善悪”も […]

  • 2020年10月19日
  • 2020年10月19日

【水天一碧(すいてんいっぺき)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

水天一碧(すいてんいっぺき) 晴れ渡った青い海とどこまでも続く地平線。そんな景色を連想させる四字熟語が「水天一碧」です。ここまでスッキリ爽快に感じさせてくれる四字熟語も珍しいと思いますが、個人的にはスピーチや座右の銘などでもっと取り上げたり […]

  • 2020年10月18日
  • 2020年10月16日

【人生行路(じんせいこうろ)】の意味と例文と使い方

人生行路(じんせいこうろ) 不景気や少子高齢化が下準備としてあったところに、今回のコロナ渦によって自分の人生を見つめ直した人も多いと思います。生きる意味を問い掛けるのは、永遠に正解は出ないようなものでそこが歯痒いものです。若い時は希望に溢れ […]

  • 2020年10月18日
  • 2020年10月16日

【種々雑多(しゅじゅざった)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

種々雑多(しゅじゅざった) 混ざり合うという意味の四字熟語と言えば、「玉石混淆」が最も有名ではないでしょうか? 良い物も悪い物も様っている様なので、会社や学校など人間社会における大半に例えとして用いられるからです。同じような意味を持つ「種々 […]

  • 2020年10月17日
  • 2020年10月16日

【主客転倒(しゅかくてんとう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

主客転倒(しゅかくてんとう) 「主客転倒」も日常では滅多に使いませんが、中々興味深い意味合いを持つ言葉なので覚えて損はありません。個人的には、昨今多い裏切りやどんでん返し系のドラマ等の作品が好みなら、そんな様を言い表している言葉とも言えるの […]

  • 2020年10月17日
  • 2020年10月16日

【自由闊達(じゆうかったつ)】の意味と例文と使い方

自由闊達(じゆうかったつ) ”自由”が付いた四字熟語というと「自由自在」や「自由奔放」を連想すると思いますが、そこで真っ先に「自由闊達」が浮かぶならかなりの上級者ではないでしょうか。なぜなら”闊達”という言葉が、現在は滅多に使われないからで […]

  • 2020年10月16日
  • 2020年10月16日

【事理明白(じりめいはく)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

事理明白(じりめいはく) 日本人の気質に合っているのが「事理明白」ではないでしょうか? また、性格や考え方が実直ならきっとこの言葉通りに物事が進む方がどんな事もしっくりくると思います。何事もグレーや不透明な部分よりも、はっきりと明確にして有 […]