CATEGORY

四字熟語

  • 2022年8月1日
  • 2022年7月22日

【遺臭万載(いしゅうばんさい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

遺臭万載(いしゅうばんさい) 「遺臭万載」とは「悪い噂や評判がいつまでも残る事」です。いつの時代も人は噂話が好きなもので、あいつがどうした、こいつはこうなった等々ある事ない事を面白おかしく話しては仲間内で盛り上がるのです。特に好きなのは古今 […]

  • 2022年7月31日
  • 2022年7月22日

【遺憾千万(いかんせんばん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

遺憾千万(いかんせんばん) 「遺憾千万」とは「非常に残念や残念で堪らない」という意味です。少しばかりの残念や悔しいのではなく、あまりにも残念で堪らない最上級の表現が「遺憾千万」ではないでしょうか。ですから国の代表である政治家などが口にすると […]

  • 2022年7月29日
  • 2022年7月22日

【意在言外(いざいげんがい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

意在言外(いざいげんがい) 「意在言外」とは「こちらの考えを曖昧にして、相手に推察や推量させる事」です。要するに言葉でハッキリと「イエス」「ノー」を伝えず、態度や表情に曖昧な言動から相手に真意を汲み取ってもらうのです。その結果、こちらの思い […]

  • 2022年7月28日
  • 2022年7月22日

【夷険一節(いけんいっせつ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

夷険一節(いけんいっせつ) 「夷険一節」とは「どんな状況下でも己の態度や姿勢を貫き通す事」です。状況が良い時なら自分の信念などを貫くのは容易ですが、どうも芳しくない時は殆どの人は迷ってしまいますよね。自分が間違っているのでは、態度を変えるべ […]

  • 2022年7月27日
  • 2022年7月22日

【以身殉利(いしんじゅんり)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

以身殉利(いしんじゅんり) 「以身殉利」とは「つまらない人間とは自分の利益を最優先にする事に生涯を費やす人」という意味です。もちろん突き詰めれば自分の人生をどのように生きても問題はありませんが、お金や欲求を満たす事ばかりを考えるのは下品であ […]

  • 2022年7月24日
  • 2022年7月19日

【桃李満門(とうりまんもん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

桃李満門(とうりまんもん) 「桃李満門」とは、優秀な人材が多く集まることのたとえです。少子高齢化が進んで昔よりも若くて実力のある人材はとても人気があります。それに伴い人事部は様々な戦略で「桃李満門」をめざして人材を集める努力をします。今回は […]

  • 2022年7月23日
  • 2022年7月19日

【夏炉冬扇(かろとうせん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

夏炉冬扇(かろとうせん) 「夏炉冬扇」とは、役に立たないものや時期が外れて無駄なものといった意味があります。夏になってくると冬服が安くなりついつい買ってしまいますが結局着ないで一生クローゼットの奥に眠ることになったという経験があるのではない […]

  • 2022年7月21日
  • 2022年7月11日

【自画自賛(じがじさん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

自画自賛(じがじさん) 「自画自賛」とは、自分で自分のことを褒めたり称賛することです。誰しも承認欲求が少なからずあり自分を褒めることは自己肯定感を高めたり自信がつくものです。今回はそんな「自画自賛」の解説です。 自画自賛の意味 自画自賛の意 […]

  • 2022年7月12日
  • 2022年7月11日

【一木一草(いちぼくいっそう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一木一草(いちぼくいっそう) 「一木一草」とは「少しばかりの草木から、極めて僅かな物やそこにある全ての喩え」です。実際には一本の木はあっても一本の草はかなり稀だと思いますが、要はそれぐらい極めて僅かという事なのでしょう。その表現として「一木 […]

  • 2022年7月4日
  • 2022年6月30日

【哀矜懲創(あいきょうちょうそう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

哀矜懲創(あいきょうちょうそう) 「哀矜懲創」とは「例え相手が罪人でも思いやりや哀れみの心を持つべきとする、懲罰を与える側に向けた戒めの言葉」です。どんな人にも慈愛の心を持って接するべきで、特に罰を与える側はその力を過信せずに思いやりの心を […]