CATEGORY

四字熟語

  • 2022年8月22日
  • 2022年8月18日

【夜雨対床(やうたいしょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

夜雨対床(やうたいしょう) 「夜雨対床」とは、「兄弟や親友との親しさを表現」を表す四字熟語です。人生における大切な存在である親友との親しさを表す言葉です。文字だけではなかなか想像できない意味ですが、この文を詠んだ人物の当時の心境を知ることに […]

  • 2022年8月20日
  • 2022年8月9日

【流言飛語(りゅうげんひご)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

流言飛語(りゅうげんひご) 「流言飛語」とは「根拠のないうわさ」を意味します。職場や学校で根拠のないうわさが広まることは人生で一度や二度経験しているのではないでしょうか。場合によってはその人の人生を変えてしまうものでもあります。今回はそんな […]

  • 2022年8月14日
  • 2022年8月9日

【前度劉郎(ぜんどりゅうろう)】の意味と例文と使い方

前度劉郎(ぜんどりゅうろう) 「前度劉郎」とは「一度去った人物が戻ってくること」を意味する四字熟語です。長い間転勤で離ればなれになっていたお父さんやお母さんが戻ってくると、とてもうれしいですよね。今回はそんな「前度劉郎」の解説です。 前度劉 […]

  • 2022年8月13日
  • 2022年8月9日

【奇貨可居(きかかきょ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

奇貨可居(きかかきょ) 「奇貨可居」とは、「絶好の機会を逃さないこと」です。人生においてチャンスというのは何度もやってくるものではありません。常に社会では椅子の奪い合いが起きており多くの人がチャンスを求めて争います。そんな絶好の機会を逃さな […]

  • 2022年8月12日
  • 2022年8月9日

【危急存亡(ききゅうそんぼう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

危急存亡(ききゅうそんぼう) 「危急存亡」とは、「命に関わる危機が迫ってきており生き残れるか死ぬかの瀬戸際の状況」のことです。人生の中には生きていれば大なり小なり危ない経験があり、人によっては生きていることが奇跡だと思う人もいるのではないで […]

  • 2022年8月11日
  • 2022年8月9日

【肝胆相照(かんたんそうしょう)】の意味と例文と使い方

肝胆相照(かんたんそうしょう) 「肝胆相照」とは「お互いに心の底から分かち合い、親しく付き合うこと」です。皆さんも学生時代の友達だったり社会人の同僚に対して心から信頼できる存在がいたりするのではないでしょうか。「肝胆相照」とはそのような親し […]

  • 2022年8月10日
  • 2022年7月22日

【有財餓鬼(うざいがき)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

有財餓鬼(うざいがき) 「有財餓鬼」とは「仏教における死後世界の餓鬼界に生息する餓鬼から、守銭奴やケチな人の喩え」です。地獄の閻魔大王は漫画やアニメでもキャラクターとして登場する事も多くイメージしやすいですが、餓鬼というと不気味な存在としか […]

  • 2022年8月5日
  • 2022年7月22日

【永垂不朽(えいすいふきゅう)】の意味と例文と使い方

永垂不朽(えいすいふきゅう) 「永垂不朽」とは「名声や業績や精神などはどんなに時代が変わっても大勢の心に残り、いつまでも伝えられ決して滅ばない」という事です。四字熟語や諺などが日常で使われるように、昔の偉人が残した功績や発明なども姿形を変え […]

  • 2022年8月4日
  • 2022年7月22日

【永永無窮(えいえいむきゅう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

永永無窮(えいえいむきゅう) 「永永無窮」とは「永遠に果てる事なく続く事で、永遠に続く時間などの喩え」です。時間とは常に進み続け戻る事は決してないので地球が破壊しようが人類が滅んでも、時間だけは時を刻み続けていきます。そんな究極の意味合いと […]

  • 2022年8月3日
  • 2022年7月22日

【雲煙縹渺(うんえんひょうびょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

雲煙縹渺(うんえんひょうびょう) 「雲煙縹渺」とは「雲や霞が遥か彼方でなびいている様子」です。春になってくると夜と早朝、或いは昼間と夕方の気温差などが影響をして景色が霞やすくなります。ですから一年でも「雲煙縹渺」が見られる限られた時期なので […]