CATEGORY

行動・実行

  • 2020年11月19日
  • 2020年11月18日

【勝手気儘(かってきまま)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

勝手気儘(かってきまま) 現代は同調圧力が日に日に強く、少数派は大変息苦しいものです。学校や職場だけでなく、地域社会でも常に相手を気遣うのは、本当に疲れてしまいますよね。でも、そうは言っても、この完成された同調を求めるシステムが弱くなる事は […]

  • 2020年11月18日
  • 2020年11月18日

【瓜田李下(かでんりか)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

瓜田李下(かでんりか) 「瓜田李下」は難解な四字熟語の一つで、正確に理解している人は少ないと思います。しかし、「君子危うきに近寄らず」に近い意味の言葉と説明を受けると、何となく理解できそうですよね。自分の身は自分で守るという、現在何かと問わ […]

  • 2020年11月14日
  • 2020年11月13日

【開物成務(かいぶつせいむ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

開物成務(かいぶつせいむ) 「開物成務」もかなり難易度高めの四字熟語なので、意味を理解している人は少ないと思います。その一方で、進学校として全国に名を轟かせる開成中学や開成高校とも関係深いというと、興味が出てきた人も多いのではありませんか? […]

  • 2020年11月13日
  • 2020年11月12日

【鎧袖一触(がいしゅういっしょく)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

鎧袖一触(がいしゅういっしょく) 四字熟語に詳しい方なら察しがつくでしょうが、”鎧”に関する言葉は非常に稀ですよね。「鎧袖一触」しか存在しないと言っても、強ち間違いではないほどです。厳密にはいくつかあるかも知れませんが、それぐらい「鎧袖一触 […]

  • 2020年11月12日
  • 2020年11月12日

【音信不通(おんしんふつう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

音信不通(おんしんふつう) 不謹慎ですが、かつては誘拐事件の定番キーワードと言えば「音信不通」や「消息不明」でした。今でも2時間サスペンスドラマでは、この単語が刑事などから何度も口にされますよね。しかし、昨今は誘拐よりも詐欺の方が手軽で確実 […]

  • 2020年11月1日
  • 2020年10月30日

【一心不乱(いっしんふらん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一心不乱(いっしんふらん) 何かに集中する様を表現する言葉は「一生懸命」「我を忘れて」「集中して」「全身全霊」等々が有名ですが、何かもう一つ大事な言葉があると思いませんか? そうです、「一心不乱」もありますよね。心を乱さないで集中していると […]

  • 2020年11月1日
  • 2020年10月30日

【一所懸命(いっしょけんめい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一所懸命(いっしょけんめい) 「一所懸命」と「一生懸命」の二つの言葉は、大人になってもどちらが正しいのか混乱しやすいものです。何しろ発音も似通っているので、人によっては方言による聞き違いでどちらも同じという人までいて、何よりそれが半分は正解 […]

  • 2020年10月29日
  • 2020年10月30日

【一気呵成(いっきかせい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一気呵成(いっきかせい) 日常で”一気”という言葉を使う事って多いですよね。仕事や勉強や家事等を早く終わらせる時は「一気にやろう」、大食いや早く食べ終わると「一気食い」、またかつてはお酒を飲む時は決まって「イッキ」(一気)という掛け声があり […]

  • 2020年10月26日
  • 2020年10月27日

【意気衝天(いきしょうてん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

意気衝天(いきしょうてん) 良い事があれば尚更ですが、稀に何もなくても急にやる気が漲る時ってありませんか? まるで子供の頃や若い時に戻ったかのようにエネルギーが溢れて、今なら何でも出来る気がすると思ってしまうのです。しかし、残念ながら長続き […]