CATEGORY

行動・実行

  • 2021年7月3日
  • 2021年6月21日

【権謀術策(けんぼうじゅっさく)】の意味と例文と使い方

権謀術策(けんぼうじゅっさく) 「権謀術策」とは「相手を騙し貶める策や謀」です。集団や組織に属しているなら、どうしても人間関係や出世は付きものです。これを拒否すると、一生冷や飯を食わされると言っても過言ではなく、その為に人とは表面上は良く繕 […]

  • 2021年6月24日
  • 2021年6月21日

【一死報国(いっしほうこく)】の意味と例文と使い方

一死報国(いっしほうこく) 「一死報国」とは「自分の命よりも国に尽くす事」です。要するに国に絶対忠誠の精神で、究極の自己犠牲のようなものです。それだけに現在の平和で自由が尊重されている社会ではやや時代遅れな言葉となっているのは事実で、現に若 […]

  • 2021年6月20日
  • 2021年6月1日

【博学篤志(はくがくとくし)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

博学篤志(はくがくとくし) 「博学篤志」とは「学問を熱心に学ぶ事で、そんな姿勢に対する心構え」です。古代中国では学問を学べるのは特別な人に限られ、要は恵まれた環境にいるエリートだけの特権だったのです。そんな中で生まれたこの言葉は、学問を学べ […]

  • 2021年6月15日
  • 2021年6月1日

【大同団結(だいどうだんけつ)】の意味と例文と使い方

大同団結(だいどうだんけつ) 「大同団結」とは「異なる団体や政党が、大きな目的達成などの為に力を合わせて協力し合う事」です。政治用語の側面が非常に強い言葉でもあり、与党では派閥、野党では共闘体制として大きなテーマのように「大同団結」が何かと […]

  • 2021年6月14日
  • 2021年6月1日

【大声疾呼(たいせいしっこ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

大声疾呼(たいせいしっこ) 「大声疾呼」とは「大声で叫び、注意を促す言葉」です。例えば、前を歩いている人の上から物が落ちてきたら、大声で「危ない!」「避けて!」といった言葉を叫びますよね。そんな様が「大声疾呼」です。他にも、部屋にゴキブリが […]

  • 2021年6月13日
  • 2021年6月1日

【大処着墨(たいしょちゃくぼく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

大処着墨(たいしょちゃくぼく) 「大処着墨」とは「絵を描く際に大事な所から描き始める事から、大切なポイントから物事を始める喩え」です。実際にはその人の性格ややり易さも関係していますが、難しい事から真っ先に片付けたい人と、或いは最後に取ってお […]

  • 2021年6月11日

【実践躬行(じっせんきゅうこう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

実践躬行(じっせんきゅうこう) 何をするにしても、ほとんどの事には基本的な決まった型ってありますよね。初めのうちはそれに従うのもいいかもしれませんが、その後に自分なりに一工夫加えて改良していくことだ大切だったりします。そこで、自らアクション […]

  • 2021年6月11日

【我田引水(がでんいんすい)】の意味と例文と使い方

我田引水(がでんいんすい) 何でもかんでも自分に都合の良いように話したり進めてしまう人はどこにでもいます。そのような言動は必ずいずれ周りに見透かされるようになり、嫌われてしまったり距離を置かれてしまうものです。今回はそのような周りの人を考え […]