CATEGORY

思考

  • 2022年9月28日
  • 2022年9月7日

【唇歯輔車(しんしほしゃ)】の意味と例文と使い方

唇歯輔車(しんしほしゃ) 「唇歯輔車」とは「利害が一致している共存関係の喩え」です。これはお互いが支え合い共に生きるしか道がないのを「協調関係」や「ギブ&テイク」、最近では「Win-Winの関係」など様々な表現がありますが古代中国では「唇歯 […]

  • 2022年9月24日
  • 2022年9月7日

【歯亡舌存(しぼうぜっそん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

歯亡舌存(しぼうぜっそん) 「歯亡舌存」とは「硬い歯は実は折れやすく柔らかい舌は存続し続ける事から、強いものは滅びやすく柔軟なものは生き残る喩え」です。これはスポーツ選手を見ても単純に筋骨隆々というよりは、柔軟さや俊敏性が求められたりします […]

  • 2022年9月20日
  • 2022年8月19日

【和魂漢才(わこんかんさい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

和魂漢才(わこんかんさい) 「和魂漢才」とは「日本の精神性と中国の学問を合わせた平安時代に誕生した概念」です。日本が中国から大きな影響を受けているのは間違いありませんが、それを具体的に表しているのが「和魂漢才」です。中国の途方もない歴史から […]

  • 2022年9月8日
  • 2022年8月19日

【青眼白眼(せいがんはくがん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

青眼白眼(せいがんはくがん) 「青眼白眼」とは「好む相手と嫌いな相手によって、目つきや態度が変わってしまう喩え」です。昔から嫌いな人を相手にすると、顔や表情は繕っても目つきや態度には本心が表れると言われていますよね。愛想良く笑顔をしても、ち […]

  • 2022年7月19日
  • 2022年7月11日

【南柯之夢(なんかのゆめ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

南柯之夢(なんかのゆめ) 「南柯之夢」とは、「世の中の栄枯盛衰が夢のようにはかないことのたとえ」です。どんなに素晴らしい栄光や実績も一瞬の儚い出来事でありずっと続かずにいつかは滅びます。そんな意味を持っている「南柯之夢」の解説です。 南柯之 […]

  • 2022年7月10日
  • 2022年7月7日

【一字千金(いちじせんきん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一字千金(いちじせんきん) 「一字千金」とは「たった一文字でも大金の価値があるとして、文字や文章が素晴らしい喩え」です。古代中国らしい芸術を称賛する言葉で、正にプレイスレスと言えるぐらいその文章などには金銭的な価値があるのでしょう。当時は食 […]

  • 2022年7月7日
  • 2022年7月7日

【易往易行(いおういぎょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

易往易行(いおういぎょう) 「易往易行」とは「南無阿弥陀仏と唱えるだけで誰もが極楽浄土の世界へ簡単に行けるとする浄土宗の他力本願の教え」です。若さで満ち溢れている時は死ぬ事など想像もしませんが、段々と老いてくるとあの世を想像するものです。で […]

  • 2021年6月11日

【無位無冠(むいむかん)】の意味と例文と使い方

無位無冠(むいむかん) ”敗者の栄光”、又は”負けの美学”や”記録より記憶”など、勝利や活躍しなくても称える言葉がありますが、今回の「無位無冠」もそんな雰囲気がある様に思えますよね。「地位や名誉はないが〇〇がある」という四字熟語に見えなくも […]

  • 2021年6月11日

【漱石枕流(そうせきちんりゅう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

漱石枕流(そうせきちんりゅう) 日本人なら”漱石”とは、「夏目漱石」以外に思い浮かばないですよね。だからこそ、「四字熟語に夏目漱石?」と不思議に感じますよね。 今回の「漱石枕流」は、夏目漱石の筆名に影響を与えた事で有名で、自分の失敗を認めな […]