TAG

な行

  • 2021年6月11日

【年百年中(ねんびゃくねんじゅう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

年百年中(ねんびゃくねんじゅう) 「年百年中」とは「一年中いつも、始終、年がら年中などの事」です。要するに、一年中などについての古きよき表現であり、これだけで趣などを感じさせてくれると個人的には思っています。単純に一年中としても間違いではな […]

  • 2021年6月11日

【二束三文(にそくさんもん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

二束三文(にそくさんもん) 今更説明不要な有名すぎる四字熟語が「二束三文」です。最近ではコロナ渦による、マスク価格高騰からの転売規制などで暴落の際に、ニュースやネットなどで「二束三文」という言葉が何度も登場しました。値段が安い、安く買い叩か […]

  • 2021年6月11日

【入境問禁(にゅうきょうもんきん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

入境問禁(にゅうきょうもんきん) 「入境問禁」とは「国境を越えたらその地のルールに従うべき」とする事です。かつての古代中国は様々な民族がいて地域によっても法や習慣なども違っていたので、このような言葉が誕生したのでしょう。それでは、有名な諺「 […]

  • 2021年6月11日

【南船北馬(なんせんほくば)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

南船北馬(なんせんほくば) 「南船北馬」とは「全国を旅したり、絶えず旅で忙しい事」です。かつては広大な中国大陸を船や馬で旅行する際に使われていましたが、現在は本当の旅好きから出張などが多い人に対して使える言葉ではないでしょうか。そんな「南船 […]

  • 2021年6月11日

【難攻不落(なんこうふらく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

難攻不落(なんこうふらく) 「難攻不落」とは「守りが堅く攻めるのが難しく事から、要望などを受け入れないや承諾が難しい喩え」です。元々はお城や砦の守備が堅く攻め入るのが難しい事ですが、それが現在は攻撃や守備があるスポーツやゲームに留まらず、頑 […]

  • 2021年6月11日

【難行苦行(なんぎょうくぎょう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

難行苦行(なんぎょうくぎょう) 「難行苦行」とは「困難な状況での苦労や苦心」です。肉体や精神的に厳しく苦しい事で、元は仏教の悟りを開く為の修行とされるので、それは大変つらい事だったと理解できます。現在も仕事などで一人前になるには厳しいものが […]

  • 2021年6月11日

【柔和温順(にゅうわおんじゅん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

柔和温順(にゅうわおんじゅん) 「柔和温順」とは「優しくて穏やかな性格な人」です。世知辛い世の中ですが、その中には本当に親切で優しい人って必ずいますよね。何かと親切に接してくれる優しい人がいたら、こちらからも感謝として「柔和温順」と声を掛け […]