CATEGORY

自然・風情

  • 2022年9月23日
  • 2022年9月7日

【山容水態(さんようすいたい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

山容水態(さんようすいたい) 「山容水態」とは「山や川の素晴らしさや美しい景色を賛美する言葉」です。正確には「山水の素晴らしい景色」についてとなりますが、自然美に対して貶すのは当時は考えられないので必然的に称賛や賛美と捉えるのが極自然ではな […]

  • 2022年9月22日
  • 2022年8月19日

【鱸膾蓴羮(ろかいじゅんこう)】の意味と例文と使い方

鱸膾蓴羮(ろかいじゅんこう) 「鱸膾蓴羮」とは「故郷を思い出す料理から、懐かしく思い慕う情の事」です。誰しも故郷には特別な思いがあるでしょうが、進学や就職で東京に上京をした人は尚更ではないでしょうか? そんな思いは今も昔も変わらず、古代中国 […]

  • 2022年9月7日
  • 2022年8月19日

【清風明月(せいふうめいげつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

清風明月(せいふうめいげつ) 「清風明月」とは「気持ち良い風と明るい月から、秋の夜は趣がある事と風雅な遊びの喩え」です。秋は一年で最も過ごしやすい季節とされ、だから読書の秋や食欲の秋と形容されてきました。そんな特別な季節である秋は趣があると […]

  • 2022年9月2日
  • 2022年8月19日

【高山流水(こうざんりゅうすい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

高山流水(こうざんりゅうすい) 「高山流水」とは「素晴らしい音楽や演奏、生涯の親友、素晴らしい自然の景色といった意味」です。一見すると簡単な感じがしますが、いくつもの意味が込められているので使い分けは少々難解できちんと全体を把握しないと間違 […]

  • 2022年7月22日
  • 2022年7月13日

【曲水流觴(きょくすいりゅうしょう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

曲水流觴(きょくすいりゅうしょう) 「曲水流觴」とは、お酒の入った杯を上流から流してそれが自分の目の前を流れすぎてしまわないうちに詩歌を作り、杯の酒を飲んでまた次の杯を浮かべるといった遊びのことです。現代ではあまり馴染みのない遊びではありま […]

  • 2022年7月16日
  • 2022年7月11日

【門前雀羅(もんぜんじゃくら)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

門前雀羅(もんぜんじゃくら) 「門前雀羅」とは、「人の往来がなく寂れて廃れている様を表す」四字熟語です。最近では地方の都市が人口減少により廃墟となりまさに門前雀羅というべき場所が増えている印象です。少し寂しい気もしますが実際にこのようなこと […]

  • 2022年7月15日
  • 2022年7月11日

【柳暗花明(りゅうあんかめい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

柳暗花明(りゅうあんかめい) 「柳暗花明」とは、「春の美しい景観表す、または芸者や遊女の社会を表す」四字熟語です。春になると柳に限らず気にはたくさんの葉っぱが生い茂ってその下は影となります。その影にも一面の花が咲いているような描写が思いかぶ […]

  • 2022年7月14日
  • 2022年7月11日

【壺中之天(こちゅうのてん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

壺中之天(こちゅうのてん) 「壺中之天」とは、壺(つぼ)の中の世界を表す四字熟語で「別世界や酒を飲んで俗世間(一般の暮らしをしている世界)を忘れる」といった意味を持ちます。人は誰しも現実世界から目を背けたくなったりお酒の力に頼って日常を忘れ […]

  • 2021年7月4日
  • 2021年6月21日

【光陰流転(こういんりゅうてん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

光陰流転(こういんりゅうてん) 「光陰流転」とは「月日の流れが早い。あっという間に月日が流れる」という意味です。後世に受け継がれる有名な漢詩を残す人物は大抵が高齢なので、そこから人生を振り返るとあっという間だと感じて、「光陰流転」が誕生した […]

  • 2021年6月30日
  • 2021年6月21日

【九夏三伏(きゅうかさんぷく)】の意味と例文と使い方

九夏三伏(きゅうかさんぷく) 「九夏三伏」とは「真夏を意味する言葉で、暑さのピークや猛暑の頃」です。最近は温暖化の影響もあり9月でも真夏のような暑さが続く事もありますが、それでも7月後半から8月前半は夜中でも暑くて寝苦しいですよね。そんな酷 […]