CATEGORY

反省・戒め

  • 2021年5月9日
  • 2021年4月30日

【痛定思痛(つうていしつう)】の意味と例文と使い方

痛定思痛(つうていしつう) 「痛定思痛」とは「治まった痛みを思い出す事から、痛みを失敗や苦難として辛い出来事を省みて戒めや教訓にする事」です。大成する人の多くは、最初は何度も失敗をしてその悔しさを胸に刻み同じ過ちをしないようにして、最終的に […]

  • 2021年3月24日
  • 2021年3月22日

【孟母断機(もうぼだんき)】の意味と例文と使い方

孟母断機(もうぼだんき) 「孟母断機」とは「物事を中途半端にする事を戒める教え」です。何事も諦めるのは簡単ですが、それではどんな事も絶対に成功しないですし、何よりも諦めや逃げ癖がついてしまいますよね。そんな現在の教育熱心な母親と同じ考えを持 […]

  • 2021年3月4日

【禍福無門(かふくむもん)】の意味と例文と使い方

禍福無門(かふくむもん) 生きていく環境というものを選ぶことができれば自分の身に起きることは、自分の行動によるものが大きいです。人は環境の影響を大きく受けるので、環境によってはできないことやどうしようもないことがあります。しかし、選択する権 […]

  • 2021年3月4日

【時期尚早(じきしょうそう)】の意味と例文と使い方

時期尚早(じきしょうそう) 「時期尚早」もあまりにも有名な四字熟語ですよね。例えば、会議などで決断が迫られると、日本人は改革や変革が嫌いなので行動をしたくないものです。そう言った場合は、「時期尚早」という言葉でお茶を濁して結局は先送りにする […]