CATEGORY

反省・戒め

  • 2020年11月16日
  • 2020年11月13日

【過小評価(かしょうひょうか)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

過小評価(かしょうひょうか) あなたの友人や同僚にも、本当は実力が高いのに自らを謙遜する様に「過小評価」をする人っていませんか? その反対に実力がないのに、驕り高ぶる様に「過大評価」する人もいますよね。また、上司に「過小評価される」と愚痴を […]

  • 2020年11月6日
  • 2020年11月5日

【遠水近火(えんすいきんか)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

遠水近火(えんすいきんか) 「遠水近火」はこれこそ四字熟語と言うべき、シンプルながらも誰もが納得のメッセージが込められています。何でも購入する癖がある人などは、この言葉から色々と学ぶ事もあるでしょう。それに、昨今の大震災や台風被害なども鑑み […]

  • 2020年10月15日
  • 2020年10月14日

【三者三様(さんしゃさんよう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

三者三様(さんしゃさんよう) 日本では「第三者」という言葉を仕事などで用いる事が多いですよね。他人や部外者など、関係者以外という意味ですが、公平な意見を求める際にも使用されます。見た感じは同じ様な「三者三様」ですが、その中身は全くと言ってい […]

  • 2020年9月27日
  • 2020年9月25日

【勧善懲悪(かんぜんちょうあく)】の意味と例文と使い方

勧善懲悪(かんぜんちょうあく) 現在で強いて言うなら、正義を助け悪を懲らしめるスーパーマンが「勧善懲悪」です。そんな意味合いですから、警察官や検事などを希望する若者が座右の銘にしたりと、とかく人気がある四字熟語ともなっています。現実社会はこ […]

  • 2020年9月11日
  • 2020年9月9日

【虎頭蛇尾(ことうだび)】の意味と例文と使い方

虎頭蛇尾(ことうだび) “虎”や”蛇”という言葉から「強さ」「攻撃」「生命力」「悪者」などが容易に想像でき、また四字熟語では「虎視眈々」「竜騰虎闘」「画蛇添足」などを思い浮かぶ人が多いのではありませんか? 今回の「虎 […]

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月9日

【尸位素餐(しいそさん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

尸位素餐(しいそさん) 現在の国会議員や地方議員の体たらくに対し、「尸位素餐」と憤りを覚える人も多いのではないでしょうか? 働きもせずに税金から給料を貰うだけでも腹立たしいのに、特権階級の様な振る舞いが火に油を注ぐのです。そんな状況を形容す […]

  • 2020年9月8日

【時期尚早(じきしょうそう)】の意味と例文と使い方

時期尚早(じきしょうそう) 「時期尚早」もあまりにも有名な四字熟語ですよね。例えば、会議などで決断が迫られると、日本人は改革や変革が嫌いなので行動をしたくないものです。そう言った場合は、「時期尚早」という言葉でお茶を濁して結局は先送りにする […]