CATEGORY

反省・戒め

  • 2020年9月27日
  • 2020年9月25日

【勧善懲悪(かんぜんちょうあく)】の意味と例文と使い方

勧善懲悪(かんぜんちょうあく) 現在で強いて言うなら、正義を助け悪を懲らしめるスーパーマンが「勧善懲悪」です。そんな意味合いですから、警察官や検事などを希望する若者が座右の銘にしたりと、とかく人気がある四字熟語ともなっています。現実社会はこ […]

  • 2020年9月11日
  • 2020年9月9日

【虎頭蛇尾(ことうだび)】の意味と例文と使い方

虎頭蛇尾(ことうだび) “虎”や”蛇”という言葉から「強さ」「攻撃」「生命力」「悪者」などが容易に想像でき、また四字熟語では「虎視眈々」「竜騰虎闘」「画蛇添足」などを思い浮かぶ人が多いのではありませんか? 今回の「虎 […]

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月9日

【尸位素餐(しいそさん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

尸位素餐(しいそさん) 現在の国会議員や地方議員の体たらくに対し、「尸位素餐」と憤りを覚える人も多いのではないでしょうか? 働きもせずに税金から給料を貰うだけでも腹立たしいのに、特権階級の様な振る舞いが火に油を注ぐのです。そんな状況を形容す […]

  • 2020年9月8日

【時期尚早(じきしょうそう)】の意味と例文と使い方

時期尚早(じきしょうそう) 「時期尚早」もあまりにも有名な四字熟語ですよね。例えば、会議などで決断が迫られると、日本人は改革や変革が嫌いなので行動をしたくないものです。そう言った場合は、「時期尚早」という言葉でお茶を濁して結局は先送りにする […]

  • 2020年9月6日
  • 2020年9月7日

【玉石混淆(ぎょくせきこんこう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

玉石混淆(ぎょくせきこんこう) スピーチで用いられやすい人気の四字熟語というものがあります。例えば「画竜点睛」「金科玉条」「臥薪嘗胆」などはその筆頭で、前向きな意味やメッセージ性、そしてシンプルさが人気や支持に結びついています。今回の「玉石 […]

  • 2020年9月5日
  • 2020年9月7日

【時代錯誤(じだいさくご)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

時代錯誤(じだいさくご) 歳を重ねて中高年になるほど、若い文化や流行にはまったくついていけないですし、関心すらなくなりますよね。ファッションはもちろん、人気アイドルや最新ヒット曲などは当然知らないですし、酷くなると嫌悪感すら覚えます。こうな […]

  • 2020年7月26日
  • 2020年7月22日

【阿鼻叫喚(あびきょうかん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

阿鼻叫喚(あびきょうかん) 昨今は震災や豪雨災害など、自然災害が明らかに増えています。そして同時に、交通事故や凶悪犯罪なども凄惨なものが多くなった気がするのですが、どうでしょうか? これらの被害者の混乱した心境を的確に表現しているのが「阿鼻 […]