TAG

ら行

  • 2022年7月15日
  • 2022年7月11日

【柳暗花明(りゅうあんかめい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

柳暗花明(りゅうあんかめい) 「柳暗花明」とは、「春の美しい景観表す、または芸者や遊女の社会を表す」四字熟語です。春になると柳に限らず気にはたくさんの葉っぱが生い茂ってその下は影となります。その影にも一面の花が咲いているような描写が思いかぶ […]

  • 2022年6月11日
  • 2022年6月10日

【労而不怨(ろうじふえん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

労而不怨(ろうじふえん) 日々いろんなことに注力していると、一つや二つ不満を持つことがあると思います。苦労をしていても、明確な目標があれば、不満を持つことが少なくはなるはずです。今回はそんな時に使用される四字熟語「労而不怨」について意味や例 […]

  • 2022年6月10日
  • 2022年6月9日

【六道輪廻(ろくどうりんね)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

六道輪廻(ろくどうりんね) 仏教の考え方に、六道と呼ばれる世界があることをご存じでしょうか。今回は仏教の考え方に関係する四字熟語「六道輪廻」について意味や例文を含めて詳しく解説していきます 六道輪廻の意味 六道輪廻の意味は以下の通りです。 […]

  • 2021年6月11日

【理路整然(りろせいぜん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

理路整然(りろせいぜん) 「理路整然」とは「文章や話が論理的できちんと筋道が通っている事」です。有名人と一般人、或いは有名人同士が意見をぶつけあい、正論で相手を言い負かす「論破」がネット上では度々話題となりますが、「理路整然」もそれに近いも […]

  • 2021年6月11日

【理非曲直(りひきょくちょく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

理非曲直(りひきょくちょく) 「理非曲直」とは「道理に合っていて正しいか否か。道理に適っているか外れているか」という事です。世の中には正しい事でも悪いとされたり、逆に悪い事でも御咎めなしや不正ではないと扱われる事が多々あります。あまりにも理 […]

  • 2021年6月11日

【論功行賞(ろんこうこうしょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

論功行賞(ろんこうこうしょう) 「論功行賞」とは「社会や会社などに貢献をして功績を上げた人物に褒美を与える事」です。立場が上の者が下の者を評価する事なので、例えば職場で成績良い人が表彰を受ける事があると思いますが、その様な行為も一種の「論功 […]

  • 2021年6月11日

【籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん) 「籠鳥檻猿」とは「自由がなく束縛された生活などの喩え」です。実際に牢獄などで拘束されている訳ではなく、あくまでも精神や気持ち的に自由や余裕がない際に表現として用いられます。要はどんなに裕福であったりと恵まれた […]