TAG

あ行

  • 2021年4月18日
  • 2021年4月12日

【依怙贔屓(えこひいき)】の意味と例文と使い方

依怙贔屓(えこひいき) 「依怙贔屓」とは「身内などの関係者や気に行った相手だけ肩入れをして、不公平に扱う事」です。人間は皆平等であると平等主義を訴えてきましたが、実際は平等となる瞬間って少ないですよね。特に社会に出ると権力者だけが住みやすい […]

  • 2021年4月18日
  • 2021年4月12日

【一石二鳥(いっせきにちょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一石二鳥(いっせきにちょう) 「一石二鳥」とは「一つの行為で二つの目的を果たしたり、二つの利益を上げる事」です。計算尽くで狙ったのか、それとも単なる偶然なのかはさておき、結果的にとてもお得になるのが「一石二鳥」です。一度で二つの利益があれば […]

  • 2021年4月15日
  • 2021年4月12日

【一刻千金(いっこくせんきん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一刻千金(いっこくせんきん) 「一刻千金」とは「僅かな時間でも千金という大金に値する事から、時間の有難味を説く言葉」です。大人になると昔の懐かしい思い出が過っては、あの時はもっとこうすれば良かったと後悔したり、時間がどれほど大切だったのかと […]

  • 2021年4月13日
  • 2021年4月9日

【有為無常(ういむじょう)】の意味と例文と使い方

有為無常(ういむじょう) 有為無常は、この世に存在する全てのものは変化し続けており、不変なものは何もないという考え方です。私達は日常生活で知らぬ間に仏教用語を多用しています。「精進する」や「四苦八苦する」など、当たり前のように使っている言葉 […]

  • 2021年4月8日
  • 2021年4月6日

【愛及屋烏(あいきゅうおくう)】の意味と例文と使い方

愛及屋烏(あいきゅうおくう) 一見漢字の読み方が難しい「愛及屋烏(あいきゅうおくう)」とは、人をあまりにも好きになると、その人の家の上にいる烏(からす)までをも好きになってしまうという、溺愛した様子の例えの四字熟語です。 愛及屋烏の意味 「 […]

  • 2021年4月5日
  • 2021年4月2日

【以心伝心(いしんでんしん)】の意味と例文と使い方

以心伝心(いしんでんしん) 「以心伝心」という言葉は広く日本で使われている四字熟語であり、高い頻度で実生活の中でも口にしたり、耳にするケースが多い言葉です。この「以心伝心」という言葉は、相手に対して言葉を使わずとも相手に自分の伝えたいことが […]

  • 2021年3月4日

【運否天賦(うんぷてんぷ)】の意味と例文と使い方

運否天賦(うんぷてんぷ) パチンコや競馬などギャンブル好きは、「運否天賦」という四字熟語が好きな印象がありませんか? もちろんギャンブル好きでもデータ重視もいますが、最終的には運や勘に頼る感じがしてしまいます。その一方、就職や結婚も結局は運 […]

  • 2021年3月4日

【衍曼流爛(えんまんりゅうらん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

衍曼流爛(えんまんりゅうらん) 有名な某ヤクザ映画のキャッチコピーは「全員悪人」ですが、その四字熟語版に思えてしまうのが「衍曼流爛」です。悪人が喜ぶ事間違いなしの言葉ですが、同時にそうならない様に警鐘を鳴らしているとも感じられます。では、「 […]