TAG

あ行

  • 2022年10月3日
  • 2022年9月9日

【一知半解(いっちはんかい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一知半解(いっちはんかい) 「一知半解」とは「知識や理解が半端な事」です。物事を完全に把握していないのに、さも全てを知っているように思い込んでしまい、そんな軽はずみな性格から仕事などで失敗をしてしまう人もいると思います。ですから「知ったかぶ […]

  • 2022年8月25日
  • 2022年8月18日

【意気揚々(いきようよう)】の意味と例文と使い方

意気揚々(いきようよう) 「意気揚々」とは「非常に得意気で威勢が良い状態」です。物事が上手く進んでいる人は傍から見てもエネルギッシュでテンション高く、逆に失敗している人はやる気が衰えてモチベーションが下がっています。そんな姿から前者となる「 […]

  • 2022年8月24日
  • 2022年8月18日

【一日之長(いちじつのちょう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一日之長(いちじつのちょう) 「一日之長」とは「1日早く生まれた事から、年齢が僅かに年上や仕事などの知識や経験が少しばかり上回っている喩え」です。僅か1日の違いとするか、その1日の違いが大きいとするかはそれぞれの判断によりますが、大抵は先輩 […]

  • 2022年8月10日
  • 2022年7月22日

【有財餓鬼(うざいがき)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

有財餓鬼(うざいがき) 「有財餓鬼」とは「仏教における死後世界の餓鬼界に生息する餓鬼から、守銭奴やケチな人の喩え」です。地獄の閻魔大王は漫画やアニメでもキャラクターとして登場する事も多くイメージしやすいですが、餓鬼というと不気味な存在としか […]

  • 2022年8月9日
  • 2022年7月22日

【慧可断臂(えかだんぴ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

慧可断臂(えかだんぴ) 「慧可断臂」とは「自らの肘を切り落としてやっと弟子入りを果たした事から、非常に強い決意や覚悟の喩え」です。正直なところ肘を自ら切るなんて眉唾な感じもしますが、大昔の偉人というのはそれぐらいの覚悟があったのでしょう。現 […]

  • 2022年8月8日
  • 2022年7月22日

【会者定離(えしゃじょうり)】の意味と例文と使い方

会者定離(えしゃじょうり) 「会者定離」とは「出会った人とは必ず最後には別れがやってくる事から、人生とは無常で儚い喩え」です。平家物語の一文としても知られていますが、どちらかというなら「生者必滅」の方が先に来る事からも有名ですよね。この文章 […]

  • 2022年8月7日
  • 2022年7月22日

【燕頷投筆(えんがんとうひつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

燕頷投筆(えんがんとうひつ) 「燕頷投筆」とは「執筆の仕事を辞め正反対の職である武士になる事から、思い切った決断や固い決心の喩え」です。現代は転職するのも当たり前となっていますが、古代中国なら相当な覚悟が必要であり、またその進んだ道で成功を […]

  • 2022年8月6日
  • 2022年7月22日

【円木警枕(えんぼくけいちん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

円木警枕(えんぼくけいちん) 「円木警枕」とは「丸木を枕にして仮眠を取り、必死に勉強に励む喩え」です。恵まれた環境である現代でもここまで必死に努力をする人は皆無ではないかと思わせる、正に執念のような強い気持ちで勉学をしたのが中国の偉人であり […]

  • 2022年8月4日
  • 2022年7月22日

【永永無窮(えいえいむきゅう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

永永無窮(えいえいむきゅう) 「永永無窮」とは「永遠に果てる事なく続く事で、永遠に続く時間などの喩え」です。時間とは常に進み続け戻る事は決してないので地球が破壊しようが人類が滅んでも、時間だけは時を刻み続けていきます。そんな究極の意味合いと […]