TAG

あ行

  • 2021年1月7日
  • 2021年1月6日

【安居楽業(あんきょらくぎょう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

安居楽業(あんきょらくぎょう) 「安居楽業」とは「仕事や生活に満足している」という事です。毎日が充実していて、仕事や生活環境で大きな不満がなく、また良い政治が行われている際に用います。ですから、大勢の人々が幸せに生活している様子が想像できる […]

  • 2021年1月4日

【一味同心(いちみどうしん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一味同心(いちみどうしん) 「一味同心」とは「心を一つにして力を合わせる仲間の事」です。学生時代の友人、職場の同僚、地元の旧友など心を通わせる仲間が「一味同心」で、要するに掛け替えのない特別な存在ではないでしょうか。同年代であったり、同じ目 […]

  • 2020年12月20日
  • 2020年12月21日

【一視同仁(いっしどうじん)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

一視同仁(いっしどうじん) 皆さんは人と接するとき、態度や話し方などを変えることはありますか。友人や家族と話す際は、言葉使いなどあまり気をつけることがないかもしれませんが、先生や取引先、目上の人などには、敬語を使ったりすることもあると思いま […]

  • 2020年11月13日
  • 2020年11月12日

【乳母日傘(おんばひがさ)】の意味と例文と使い方

乳母日傘(おんばひがさ) 誰だって我が子は特別に可愛いので、大事に育てるのは理解ができるものです。しかし、度を超えるとちょっといかがなものでは、と思いませんか? でも、身内や他人でもよその家庭に育て方を忠告する事って、なかなか出来ないですよ […]

  • 2020年11月12日
  • 2020年11月9日

【大盤振舞(おおばんぶるまい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

大盤振舞(おおばんぶるまい) 世間は不景気なはずですが、それでも一部では羽振りが良くて人生を謳歌している人もいます。それは、かつてのどんな時代でも景気が良い人は存在しているので、ある意味で時代には関係がないのでしょう。現在は高級車や高級ブラ […]

  • 2020年11月12日
  • 2020年11月12日

【音信不通(おんしんふつう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

音信不通(おんしんふつう) 不謹慎ですが、かつては誘拐事件の定番キーワードと言えば「音信不通」や「消息不明」でした。今でも2時間サスペンスドラマでは、この単語が刑事などから何度も口にされますよね。しかし、昨今は誘拐よりも詐欺の方が手軽で確実 […]

  • 2020年11月11日
  • 2020年11月9日

【屋下架屋(おくかかおく)】の意味と例文と使い方

屋下架屋(おくかかおく) 「屋下架屋」はかなり目にしない四字熟語なので、知っている人は少ないと思います。家族や仕事などで何気なしに使われる事はないと断言できるほどです。しかし、「屋下架屋」と同じような意味合いの言葉は頻繁に使われています。で […]

  • 2020年11月11日
  • 2020年11月9日

【王政復古(おうせいふっこ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

王政復古(おうせいふっこ) 「王政復古」という言葉を聞いた覚えはありますか? 最近は滅多に聞かれないですし、ピンと来ないものですよね。そもそも、”王政”が日本で生活していると分かり兼ねるところがあります。王様が政治を動かしているので、日本の […]

  • 2020年11月11日
  • 2020年11月9日

【横行闊歩(おうこうかっぽ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

横行闊歩(おうこうかっぽ) 「横行闊歩」は言葉からも、どこか威張り散らして高慢な人を連想させますよね。”横行”は犯罪が多発している際にも使われる言葉で、”闊歩”もどことなくアウトローな雰囲気を醸し出しているのは否めません。そんな二つが合わさ […]

  • 2020年11月10日
  • 2020年11月9日

【応接不暇(おうせつふか)】の意味と例文と使い方

応接不暇(おうせつふか) 年末や繁忙期など、人によっては猫の手を借りたいほど忙しいと感じる事もあるでしょう。そんな様を表現する四字熟語が今回の「応接不暇」になります。一見すると、”応接”と”不暇”でどうすれば忙しいとなるのか理解が難しいです […]