CATEGORY

人生

  • 2022年9月15日
  • 2022年8月19日

【美人薄命(びじんはくめい)】の意味と例文と使い方

美人薄命(びじんはくめい) 「美人薄命」とは「美しい女性は不運であったり短命で終えるという喩え」です。美人というのはどこか影が薄く、病弱であったり不幸せなオーラを纏っていたりする場合があります。もちろん一概には言えませんし、美人でも明るく元 […]

  • 2022年8月21日
  • 2022年8月18日

【黄粱一炊(こうりょういっすい)】の意味と例文と使い方

黄粱一炊(こうりょういっすい) 「黄粱一炊」とは人の人生や繁栄は儚く一瞬という意味です。どんなに素晴らしい人生を送っていようが辛い人生を送っていようが終わってみればとても短かったと思うのではないのでしょうか。そんな「黄粱一炊」を解説します。 […]

  • 2022年8月16日
  • 2022年8月9日

【鶴髪鶏皮(けいひかくはつ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

鶴髪鶏皮(けいひかくはつ) 「鶴髪鶏皮」とは、「年をとった老人のたとえ」を意味します。人はだれしも老いからは逃れることができずに年をとっていきます。特にそうした老いは見た目に表れていきます。そんな老いを表す四字熟語である「鶴髪鶏皮」の解説で […]

  • 2022年7月11日
  • 2022年7月7日

【一樹百穫(いちじゅひゃっかく)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一樹百穫(いちじゅひゃっかく) 「一樹百穫」とは「育てた人材は将来大きな利益をもたらすという喩え」です。現代は何かと目先の利益に走って人件費を削る事ばかり経営者は考えてしまいますが、本来は最も大事なのは人材なのです。優秀な人材がいるから企業 […]

  • 2022年7月9日
  • 2022年7月7日

【一業所感(いちごうしょかん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

一業所感(いちごうしょかん) 「一業所感」とは「過去の行いは未来に反映するという仏教の考えで、前世の業はいずれ同じ報いを受ける事」です。人々を救うはずの仏教としては少々冷たい感じもしますが、善悪の行いはいずれ自分に降り掛かるという「因果応報 […]

  • 2021年6月16日
  • 2021年6月1日

【大道不器(たいどうふき)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

大道不器(たいどうふき) 「大道不器」とは「聖人が行う道は普遍的で大きな影響を与える事」です。聖人は特別な才能などがあるので、成し遂げた事が大きな影響を及ぼすのは容易に想像できると思います。仏教だけを取っても、数千年前に誕生した宗教がこうし […]

  • 2021年6月11日

【冠婚葬祭(かんこんそうさい)】の意味と例文と使い方

冠婚葬祭(かんこんそうさい)) 年を重ねる程に身近になってくるのが冠婚葬祭ではないでしょうか。 社会の一員になると、家族や親戚・友達の他にも会社や地域の関わりも増え出席する機会が増えます。 お祝いや葬式などの儀式の総称である冠婚葬祭という四 […]

  • 2021年6月11日

【鰥寡孤独(かんかこどく)】の意味と例文と使い方

鰥寡孤独(かんかこどく) 核家族や高齢化社会が進み、独居老人の孤独死などという痛ましいニュースを耳にすることも出てきました。 今回の鰥寡孤独とは身寄りがなく寂しい生活を送っている人や様子を指す四字熟語です。 意味や由来・類義語などを併せてご […]

  • 2021年6月11日

【酔生夢死(すいせいむし)】の意味と例文と使い方

酔生夢死(すいせいむし) 「酔生夢死」はなかなか厳しい意味合いを持つ言葉で、他人から忠告されたら腹立たしく感じると思います。それだけインパクトがあるので、一度覚えたら意味を忘れる事はないほど強烈です。では、どんな四字熟語なのか調べてみました […]