TAG

か行

  • 2022年10月4日
  • 2022年9月9日

【公平無私(こうへいむし)】の意味と例文と使い方

公平無私(こうへいむし) 「公平無私」とは「双方を平等に扱い私的な感情を持ち込まない事」です。まるで神や仏のような心で人に接するようですが、相手の気持ちを考えれば平等で公平に扱うのが最も正しいと思いますよね。このバランスが崩れると人間関係も […]

  • 2022年9月2日
  • 2022年8月19日

【高山流水(こうざんりゅうすい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

高山流水(こうざんりゅうすい) 「高山流水」とは「素晴らしい音楽や演奏、生涯の親友、素晴らしい自然の景色といった意味」です。一見すると簡単な感じがしますが、いくつもの意味が込められているので使い分けは少々難解できちんと全体を把握しないと間違 […]

  • 2022年9月1日
  • 2022年8月19日

【浩然之気(こうぜんのき)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

浩然之気(こうぜんのき) 「浩然之気」とは「公正明大な精神や道徳的な勇気を持ち合わせている事」です。要するに尊敬に値する人の中でも、素晴らしい気持ちや勇気を兼ね備えた人が「浩然之気」という事なのでしょう。実際にはこのような素晴らしい人は少な […]

  • 2022年8月31日
  • 2022年8月19日

【後生可畏(こうせいかい)】の意味と例文と使い方

後生可畏(こうせいかい) 「後生可畏」とは「将来無限の可能性を秘める若者を敬うべきという考え」です。若い人は才能が豊かで、特にスポーツなどは将来有望な選手が活躍をするとその競技は一気に盛り上がりますよね。未知なる可能性を秘めていると、これま […]

  • 2022年8月30日
  • 2022年8月18日

【呉下阿蒙(ごかのあもう)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

呉下阿蒙(ごかのあもう) 「呉下阿蒙」とは「無学な人や進歩がない退屈な人の喩え」です。本来は無学だろうと相手を蔑むのは良くありませんが、それでも思わず用いる際に使うのが今回の「呉下阿蒙」となっています。久しぶりに再会した旧友に進歩がないとガ […]

  • 2022年8月29日
  • 2022年8月18日

【元軽白俗(げんけいはくぞく)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

元軽白俗(げんけいはくぞく) 「元軽白俗」とは「中国唐時代の多くの有名詩人達をまとめて批判する言葉」です。現代的に言うなら、辛口レビューや正直レビューといった感じで、普通なら相手の事を考えて多少言葉を濁すのに、直球で思いのまま批判をしている […]

  • 2022年8月28日
  • 2022年8月18日

【鶏群一鶴(けいぐんのいっかく)】の意味と例文と使い方

鶏群一鶴(けいぐんのいっかく) 「鶏群一鶴」とは「凡人の集まりの中に優秀な者が交じっている喩え」です。昔も今も才能ある者は圧倒的に少なく、だからこそ貴重で目立ってしまうのでしょう。そんな優秀な者を”鶴”に喩えたのが「鶏群一鶴」で、凡人は”鶏 […]

  • 2022年8月27日
  • 2022年8月18日

【軽求肥馬(けいきゅうひば)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

軽求肥馬(けいきゅうひば) 「軽求肥馬」とは「高級な皮の洋服と肥えた馬から、富貴な人達の暮らし振り」です。現在なら高級ブランドで全身を纏い、高級車に乗って出掛けるといった所ではないでしょうか。誰が見ても富貴だと分かるので、羨ましさなどから誕 […]

  • 2022年8月26日
  • 2022年8月18日

【琴瑟相和(きんしつそうわ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

琴瑟相和(きんしつそうわ) 「琴瑟相和」とは「二つの琴の音色が調和されている事から夫婦仲が良い喩え」です。結婚への関心が薄れているや少子化が問題視されていますが、それでも結婚をしたいと考えている人は依然として多いですよね。夫婦の仲が良いと赤 […]

  • 2022年8月23日
  • 2022年8月18日

【江雲渭樹(こううんいじゅ)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

江雲渭樹(こううんいじゅ) 「江雲渭樹」または「渭樹江雲」とは、「親しい友情や遠くの友人への懐かしみ」を表す四字熟語です。皆さんも学校を卒業したり、引っ越しを機に離れ離れになった友人などはいないでしょうか。またその友人をふとした瞬間に懐かし […]