TAG

か行

  • 2021年7月6日
  • 2021年6月21日

【狷介不羈(けんかいふき)】の意味と例文と使い方

狷介不羈(けんかいふき) 「狷介不羈」とは「意志が固く束縛を嫌い、何よりも自由を謳歌する事」です。個人的には会社員や公務員とは正反対の芸術家や作家タイプが「狷介不羈」と思ってしまいます。世間の常識などは気にせず、自分の道を突き進み、それ以外 […]

  • 2021年7月5日
  • 2021年6月21日

【嚆矢濫觴(こうしらんしょう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

嚆矢濫觴(こうしらんしょう) 「嚆矢濫觴」とは「物事の始まりや起こりの事」です。起源の喩えや最初というニュアンスでも使われ、かなり難易度が高いのは間違いありません。日常生活で敢えてこの言葉を使うのは非常に稀ですが、漢詩や文献などでは登場する […]

  • 2021年7月4日
  • 2021年6月21日

【光陰流転(こういんりゅうてん)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

光陰流転(こういんりゅうてん) 「光陰流転」とは「月日の流れが早い。あっという間に月日が流れる」という意味です。後世に受け継がれる有名な漢詩を残す人物は大抵が高齢なので、そこから人生を振り返るとあっという間だと感じて、「光陰流転」が誕生した […]

  • 2021年7月3日
  • 2021年6月21日

【権謀術策(けんぼうじゅっさく)】の意味と例文と使い方

権謀術策(けんぼうじゅっさく) 「権謀術策」とは「相手を騙し貶める策や謀」です。集団や組織に属しているなら、どうしても人間関係や出世は付きものです。これを拒否すると、一生冷や飯を食わされると言っても過言ではなく、その為に人とは表面上は良く繕 […]

  • 2021年7月2日
  • 2021年6月21日

【拳拳服膺(けんけんふくよう)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

拳拳服膺(けんけんふくよう) 「拳拳服膺」とは「名言などを心に留めて忘れない事」です。要するに、それぐらい自分にとって特別な言葉を大切にしていると理解できます。世の中は偉人や有名人の名言で溢れ、その中には思わず共感や感動をするものがいくつか […]

  • 2021年7月1日
  • 2021年6月21日

【堅牢堅固(けんろうけんご)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

堅牢堅固(けんろうけんご) 「堅牢堅固」とは「守りや防御についての言葉で、非常に堅くて丈夫や頑丈な事」です。昨今は防犯システムが急激に普及し、犯罪抑制や事件捜査に役立たせる為にと町中や店内にオフィスなどは監視カメラだらけとなっています。それ […]

  • 2021年6月29日
  • 2021年6月21日

【近郷近在(きんごうきんざい)】の意味を例文や会話、由来・出典まで解説!

近郷近在(きんごうきんざい) 「近郷近在」とは「都市の近くにある村や町の事で、そこまで不便ではない田舎」です。東京や大阪などの都会に住んでいるとあまりピンと来ないでしょうが、地方在住だとこの微妙な違いが実は大事であり大きいのです。今でも携帯 […]

  • 2021年6月28日
  • 2021年6月21日

【錦上添花(きんじょうてんか)】の意味と由来、使い方を実例で解説!

錦上添花(きんじょうてんか) 「錦上添花」とは「美しい物にまた別の美しい物を合わせたり、或いは良い物に良い物を加える事」です。例えば、美しい女性が豪華なドレスを着たり高価な宝石を身に付けると、さらに美しさが際立ちますよね。そんな鬼に金棒的な […]

  • 2021年6月27日
  • 2021年6月21日

【恐惶謹言(きょうこうきんげん)】の意味と例文と使い方

恐惶謹言(きょうこうきんげん) 「恐惶謹言」とは「目上の人を尊敬する言葉で手紙末尾に書き、恐れ畏まるという意味」です。日本語は独特の言い回しや暗黙の了解めいた常識が多数存在しますが、「恐惶謹言」もそんな古き習慣の一つとなっています。尊敬する […]